新・中途半端男の逆襲

アラサー独身男性によるネット上や世間で話題になっているネタ、トレンドネタブログ。その他音楽ネタ・XJAPANネタ・バチェラーネタなど

【ウマ娘】競馬ファンによるアニメ全話感想、史実レースまとめ

スポンサーリンク

「ウマ娘 プリティーダービー」というアニメはご存知でしょうか?

 

競馬が好きな方は絶対に見た方が良いアニメだと思います。

 

過去のレースのゼッケン番号とか、かなり史実に忠実で、そこも競馬ファンにとってはたまらないところ。

 

今記事では、ディープインパクトがハーツクライに負けた有馬記念から競馬を始めた競馬歴約14年の管理人により、

 

アニメ・ウマ娘 プリティーダービーの各話感想+各話の史実レース

 

をまとめさせていただきました。

 

競馬に興味のある方、ウマ娘ってどんなアニメか知りたい方は、当記事を読んでいただければ、だいたいのことがわかるかと思います。

 

いくらか間違っている部分もあるかと思いますが、ご了承願います。

軽くネタバレは入っています。

非常に長文ですので、下の目次よりジャンプしていただければ幸いに思います。

 

 

ウマ娘 第1話・2話 感想・史実レースまとめ

バレンタインS  サイレンススズカ

私服のスペちゃんが見て感激していたレースがこれ。

日本のレースでは初めて武豊が騎乗(前走は香港)

 

アニメで細江純子が驚いていた、1000m通過57.8も史実と同じ。

「あいつらはスズカの走りを分かってなかった!」って、上村のことですかねぇ…。

 

上村がスリープレスナイトまでG1を勝てなかった理由として、”サイレンススズカを降ろされた男”として認識されてしまったという理由もあったんでしょう。

 

まるでイチローを見いだせなかった土井正三が、ダメ監督のレッテルを貼られてしまったように。。。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180505213847j:plain

 

新馬戦  スペシャルウィーク

www.youtube.com

 

番手もアニメと同じ5番手

さすがの瞬発力でした。

 

なお、2着馬は史実と異なる。

 

ウマ娘 第1話・2話 感想 

第1話、第2話は一気に放送。

いわゆる連闘でした。モズアスコットかよ。

 

さすがPA.WORKS、作画は非常に綺麗です。

東京競馬場の作画とか、いい感じだったと思います。

 

アニメ自体は非常に良いテンポ。

 

ウマ娘たちも可愛く(なんだかんだでスペシャルウィークが一番可愛いね)、これがここまで入り込みづらい特殊な世界観でなかったら覇権もあったかもしれません。

(追記)2018の覇権になりかかってるんだよなぁ。。

 

一歩間違えれば「世界で一番強くなりたい」くらいの大爆死もあり得たかもしれないのに、一歩間違えなかったところは制作陣の強みが出たからでしょう。

 

ノーザン・社台系馬がいないよぅ。。。

競馬ヲタは皆気づいていたと思いますが、ノーザン・社台系の馬が軒並み出ていないところ。気になりますね。

詳細は知りませんし検索する気にもなれませんが、間違いなく大人の事情がなにか絡んでいるのでしょう。

 

エイシンフラッシュやトーセンジョーダンがいてディープインパクトオルフェーヴルがいないとか、間違いなく不自然だよね。

 

競馬ファンはツッコミどころを探して楽しめ!

とりあえず突っ込みどころしかないアニメです。

 

シンボリルドルフがトウカイテイオーに学校案内させるとことか…「いや親子やん!」というツッコミを入れてしまいます。

 

更にウマ娘のメンバー、エアグルーヴがいたり、エルコンがいたり、ウオッカ・ダイワがいたり、サイレンススズカ…と、牡馬牝馬が入り乱れております。

牝馬だけにできなかったのかなぁ‥。でもそれだとブエナビスタとかノーザン系馬出せないしなぁ…。

 

とりあえずアニメの出来自体は悪くなかったので、ツッコミどころを探しながら継続視聴したいと思います。

 

ウマ娘 第3話 感想・史実レースまとめ 

ウオッカ 新馬戦 京都1600m 騎手:鮫島克也

www.youtube.com

 

新馬戦はなぜか親鮫だったウオッカ。。。

 

ダイワスカーレット 新馬戦 京都2000m 騎手:安藤勝己

www.youtube.com

 

ゴールドシップ 新馬戦 函館1800m 騎手:秋山真一郎

www.youtube.com

 

「たまには真面目に走るか-」みたいなこと言ってましたけど、2~3歳時は真面目に走るいい仔でしたよ。

 

サイレンススズカ 金鯱賞(G2)中京2000m 騎手:武豊

www.youtube.com

 

競馬ファンには有名なレース。

ゴール前に実況が「4連勝です!4連勝!」と言ってしまっています。

実際の当レースはアニメ超えちゃってます。

 

スペシャルウィーク きさらぎ賞(G3)京都1800m 騎手:武豊

www.youtube.com

 

スペシャルウィーク・セイウンスカイ 弥生賞(G2)

www.youtube.com

 

セイウンスカイ・スペシャルウィーク 皐月賞(G1)

www.youtube.com

 

スペシャルウィークちゃんはこのレースで3着に破れますが、その理由というのが体重10kg増という調整ミス

アニメでもやってましたね。まさに史実通り。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180409021057j:plain

芸が細かいなぁ。。

 

ウマ娘 第3話 感想 

それにしてもセイウンスカイちゃん超可愛い

 

f:id:tyutohanpamansion:20180409014238j:plain

f:id:tyutohanpamansion:20180409014218j:plain

f:id:tyutohanpamansion:20180409021149j:plain

 

これは名ウマ娘ですわ。

 

それにしても馬名とウマ娘キャラが一致し始めてきました。

これはまずいですよ。。。ハマる前兆やん。。。

 

1,2話見た時は「なんだこりゃ」と思ったのに、今や完全にスペシャルウィークはスペシャルウィークちゃんだし、テイオーちゃんはテイオーちゃんだし、セイウンスカイちゃんは完全に推しウマ娘になっています。

 

おぉ…まさかの覇権アニメとなるか…?

 

ただ、アニメの出来自体は本当に良い。

さすがPA.WORKS

 

ウマ娘 第4話 感想・史実レースまとめ

ハルウララ  高知 3才3(新馬?)

3才3|1998年11月17日 | 競馬データベース - netkeiba.com

 

ハルウララちゃんは高知競馬の馬。

ヒノデマキバオーと同じ出身です。

アニメで「5着!」と言っていましたが、5頭中5着ですからね。

なお、当時はそんなに有名じゃなかったので、お客さんから「うららは頑張ってていいね!」なんてこと言われているはずはありませんでした。

 

デビュー戦の動画?あるわけないでしょ!

 

f:id:tyutohanpamansion:20180416050826j:plain

 

タイキシャトル  マイルCS(横山典)、スプリンターズS(岡部)

www.youtube.com

www.youtube.com

 

会話内で言及されていただけでしたが、これも紹介。

当時スプリンターズSは12月開催でした。

僕は9月開催の頃しか知らないので、なんだか違和感。。。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180416051716j:plain

 

エルコンドルパサー  NHKマイルカップ(的場)

www.youtube.com

 

当時皐月賞・ダービーは外国産馬の出走はダメで、外国産馬(マル外)の強い馬は皆NHKマイルカップに集まったため、「マル外ダービー」なんて呼ばれたりしていました。

 

様相一変、脅威はいずこに? 外国産馬盛衰史 :日本経済新聞

 

外国産馬も全レース開放された今では、存在価値のないG1になってしまいましたが。。。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180416052348j:plain

 

ウマ娘 第4話 感想

完全に楽しみにしている自分がいる。

 

MXだけど日曜日放映というのも最高だ。

競馬やって飯食って酒飲んで風呂入ってウマ娘見て寝る…とか素敵やん。

 

第4話は完全なる特訓(調教?)回。

スペシャルウィークとタイキシャトルのマッチレースとか、マキバオーのピーターⅡカスケードのレースを思い出しました。

 

ちなみに、皐月賞でスペシャルウィークが何kg増えていたかは調べれば簡単に分かる話です。

 

最後に、史実知っている人は全員ツッコミを入れたであろう、エルコンドルパサーの「ダービーへ!」と宣言。

 

しかし、エルコンドルパサーは外国産馬。

現在では関係ない話ですが、当時の外国産馬の状況は上述した通りです

史実ではエルコンドルパサーはダービーに出走はしていません。

 

果たしてエルコンドルパサーは史実無視でダービーに出走するのか。

それとも何か一悶着起こさせてダービーは出走させないようにするのか。

 

ダービー回が楽しみになりました。

 

あれ、そういう釣り脚本にハマっちゃったかな?

PA.WORKSの良仕事っぷりが止まらない。。。

 

ウマ娘 第5話 感想・史実レースまとめ

1998年 日本ダービー 

www.youtube.com

 

エルコンドルパサーはいません。

 

理由はこちらをごらん下さい。

マル外の馬は出られない時代だったのです。

  

史実はスペシャルウィークの圧勝

5馬身差でした。

2着は大穴のボールドエンペラーという馬でした。

清水成駿が馬連当ててたらしいですね。

 

ちなみにキングヘイローが逃げたのは史実通り。

なお惨敗。若き日の福永。

 

この時の武豊のガッツポーズは競馬史に残るガッツポーズでした。 

 

f:id:tyutohanpamansion:20180423050034j:plain

 

(ついで)同着G1 2010年 オークス

www.youtube.com

www.youtube.com

 

G1で同着なんてことあったの?? ってお思いの方もおられるのでは?

 

はい、ありました。

 

それがこのレース。

今回の第5話とは関係ありませんが、同着G1レースということで紹介。

 

横山典と蛯名、関東のベテラン二人が肩を組む姿が印象的でしたねぇ。。。

 

ウマ娘 第5話 感想 

第5話は待ちに待った日本ダービー回!

しかし、上述したように史実とは全く違うダービーとなりました。

 

スペシャルウィークとエルコンドルパサーの同着とか、これは完全なるマキバオーカスケードの日本ダービー同着ですね。

  

ぶっちゃけスペちゃんが勝つと思っていたので、まさか同着展開にするとは思いませんでした。

うーん、史実知ってる競馬ファンは全員裏切られた気分だったろうなぁ。

 

つーか、第4話のスペシャルウィークとタイキシャトルのマッチレースもマキバオーのピーターⅡとカスケードのマッチレースのようだし…。

絶対わざと競馬アニメの先輩マキバオーをオマージュしてるよね。

  

まさかの武豊出演ww 

 

さすがの武豊。もうなんでもありですね。

あ、天皇賞春騎乗停止は残念でしたね。クリンチャーは誰が乗るのでしょうか?

 

史実で近親関係ー親密な関係?

f:id:tyutohanpamansion:20180423051207j:plain

 

今回はメジロマックイーンとゴールドシップがなにやら仲良さそうなやり取りをしておりました。

ちなみに史実ではこの2人(2頭?)ゴールドシップの母方の祖父がメジロマックイーンになります。

 

どうやら近親関係のウマ娘同士は親密にさせる方針のようですね。

シンボリルドルフとトウカイテイオーも親密(史実では親子)

 

今後ダイワメジャーダイワスカーレットがそんな感じになるのかな?

 

史実通りじゃなくなったウマ娘! 今後はどうなる!? 

まさかのダービー史実無視決着に、逆に今後の展開が楽しみになってしまいました。

全て史実どおりでないとなると、菊花賞は…そして天皇賞秋は…?

 

楽しみが広がりました(福永のコメント風)

 

ウマ娘 第6話 感想・史実レースまとめ

1998年 宝塚記念

サイレンススズカが勝ち、エアグルーヴは3着。

アニメでも史実でもそうでした。

 

サイレンススズカは、当レースでは武豊ではなく南井騎乗(武豊はエアグルーヴ騎乗)。それでも差は小さいながらも完勝。

 

ちなみに当レースの2着は、昨日天皇賞春を制したレインボーラインの父・ステイゴールド

「そんな名馬がなんでスルーされてるんだ」って?

 

大人の事情です。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180430223917j:plain

 

1998年 毎日王冠

www.youtube.com

 

競馬史に残る名レースです。

 

後に世界を制すエルコンドルパサーと、後古馬になり無双状態に入るグラスワンダーを、当時現役中距離最強馬であったサイレンススズカが横綱競馬で蹴散らすというこのレース。

いつぞやかのGallopだか競馬ブックだかで、「後世に残したいレース」という特集があり、他のG1レースを差し置いてG2である当レースが1位に輝いておりました。

 

 

はい、ここまでは史実のお話。

 

ウマ娘の世界ではなぜかナイスネイチャ(史実では1992年・3着)、エイシンフラッシュ(史実では2012年・9着、2013年・1着)が、上述した3頭に混じって出走。

 

アニメでの結果は…

 

 

1着.サイレンススズカ

2着.エルコンドルパサー

3着.ナイスネイチャ(史実ではサンライズフラッグ)

5着.グラスワンダー

9着.エイシンフラッシュ(史実ではワイルドバッハ)

 

 

まるでダビスタのようですね。

今後も全て史実通りではなく、ちょこちょこ史実の中に他の年代の馬を混じらせることがあるかもしれないです。

 

この毎日王冠については下の記事を参考にさせていただきました

 

xn--gckvb3e1a0dy660b.com

 

初めての敗北に涙するエルコンさん

f:id:tyutohanpamansion:20180430223956j:plain

 

(ついで)1988年 有馬記念

www.youtube.com

 

お祭りにて、ドーナッツの大食いで競争するタマモクロス・オグリキャップ・スーパークリーク。そして司会はイナリワン

この大食い競争は、オグリキャップがタマモクロスと接戦の末に勝利。なおスーパークリークは、審議の末にオグリキャップの皿に自分のドーナッツを飛ばしてしまい失格

 

一見競馬レースとは関係ない場面に見えますが、ここにも実は史実に繋がっている表現が。

 

第3コーナーから、後続勢が押し上げにかかる。中でも1番人気のタマモクロスの脚色は断然で、大外を一気にまくり、4コーナーではオグリキャップの外に並びかけ、直線はまたもこの2頭の競り合いになった。結局オグリキャップがゴール前力尽きたタマモクロスを半馬身突き放して優勝。3着に中を割ってきたスーパークリークが入ったが、メジロデュレンの進路を妨害して失格。大外を突っ込んできたサッカーボーイが繰り上げ3着となった。

第33回有馬記念 - Wikipedia

 

そうです、1988年に行われた有馬記念と同じ様相となっているのです。

スーパークリークが失格となったのも史実通りです(被害馬はメジロデュレンでしたが)

 

いやぁ、仕掛け満載で面白いですね。

ちなみに、大食い大会で司会をやっていたイナリワンは、翌年1989年有馬記念の優勝馬です。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180430224050j:plain

 

ウマ娘 第6話 感想

新キャラが大量出演!特にタマモクロスが可愛い!

今回はお祭り回ということもあり、チームスピカ以外のウマ娘もたくさん出演。

 

エアグルーヴ

テイエムオペラオー

フジキセキ

ヒシアマゾン

ナリタブライアン

シンボリルドルフ

マチカネフクキタル

メイショウドトウ

ナイスネイチャ

エイシンフラッシュ

オグリキャップ

スーパークリーク

イナリワン

タマモクロス

 

以前からちょろっと出ていたウマ娘も含んでいます。まだいたっけな?

こうやって羅列すると、なんだかダビスタウイニングポストでの有馬記念出走馬のようです。

 

とくにヲタ受けしそうなのはタマモクロス!

まるでcv釘宮理恵の小柄キャラな感じで非常に可愛いです。

 

推しが増えそうな予感。。。

 

ちなみに、個人的なタマモクロスの思い出といえば、2009年の京都金杯を勝ったタマモサポート。僕は単勝買って当てた記憶があります。

その父がタマモクロスで、タマモクロス産駒最後の重賞制覇馬となりました。

 

ドーナッツを口に詰め込むタマモクロスさん

f:id:tyutohanpamansion:20180430224334j:plain

 

来週はついに天皇賞(秋)!? 一体どうなる?

今回の毎日王冠でも、史実は重視するけどちょっとした遊び心を…ってな仕掛けがあり、非常に楽しめました。

そうなると、あの天皇賞(秋)はウマ娘の世界ではどのようなレースになるのか想像がつきません。

 

もしかすると、視聴者の予想を大幅に裏切る展開もあったりするかもしれませんね。

 

楽しみが広がりました(福永のコメント風)

  

ウマ娘 第7話 感想・史実レースまとめ

1998年 菊花賞

www.youtube.com

 

セイウンスカイちゃんが結局逃げ切り。

スペちゃんは結局捕まえられず2着。

にしても位置取りが後ろすぎだわな。

 

サイレンススズカ「2着でも立派だよー」

 

地味にキングヘイローさんの5着も史実通り。若き日の福永。

f:id:tyutohanpamansion:20180507035126j:plain

 

1998年 天皇賞(秋) 

www.youtube.com

  

サイレンススズカの話をする前に…

 

 

出走馬が史実とアニメでぜんぜん違う!

 

 

アニメ(カッコ内は史実の秋天着順)

サイレンススズカ(1998:中止)

ナイスネイチャ(1992:4着、1993:15着、1994:7着、1996:10着)

ヒシアマゾン(秋天出走なし)

エルコンドルパサー(秋天出走なし)

ウイニングチケット(1994年:8着)

メジロライアン(秋天出走なし)

 

勝ちウマ娘:エルコンドルパサー

他の着順は不明。サイレンススズカは競走中止。

 

史実

1着:オフサイドトラップ(柴田善臣)

2着:ステイゴールド(蛯名)

3着:サンライズフラッグ(安田)

 

史実では、「2000mではサイレンススズカには敵わない」ということで、秋天は微妙なメンバーしか集まりませんでした。

善臣のせいで悪者っぽくなったオフサイドトラップ大人の事情で出演不可のステイゴールド、いくらなんでも地味すぎるサンライズフラッグ

 

そりゃアニメ版ではメンバーを豪華にしたくなりますわな。

 

しかし、スペちゃんのライバル的存在であるエルコンが出るのは分かるけど、他のウマ娘はどういう選定基準だったんでしょうか。

そもそも秋天すら出ていない馬だらけだし。。。

このアニメだから何か意図がありそうだが…。

 

 

もし誰か分かる方いたら教えて下さい!

 

 

そしてサイレンススズカ。

史実では、最期のレースとなってしまいました。

 

騎乗していた武豊は原因についてこう語っています。

 

「原因はわからないのではなく、ない」

 

f:id:tyutohanpamansion:20180507042548j:plain

 

ウマ娘 第7話 感想 

サイレンススズカは天皇賞秋で故障。

しかし、「また戻ってくるかもしれない」という希望を描いてきました。

 

正直、一番やってほしくなかった事として、サイレンススズカが本当に命を落として鬱展開という、魔法少女まどか☆マギカ第3話的展開(あの血だまりスケッチね)

「場合によっては命を落とすこともある」という事も言っていたので、その可能性がないとはいえず、内心ドキドキしていました。

 

しかし、そんなことはせずに、競争は中止したものの骨折のみ。

スペシャルウィークが「戻ってこれる!」と言ったように、むしろ史実より希望を見せた展開でした。

 

「サイレンススズカが無事だったらどんな走りをしていたのだろう」

「サイレンススズカはまた戻ってこれるんだ!」

「サイレンススズカが種牡馬になってたらどんな産駒が出ていたんだろう」

 

競馬ファン、そして制作側の願い・希望・IFがこの第7話に乗っかっていたように思えました。

 

たかがアニメ。

しかも”ウマ娘”という完全にぶっ飛んだ設定のアニメ。

 

そんなアニメで、少し目頭が熱くなってしまったGW終わりの深夜でした。

 

ウマ娘 第8話 感想・史実レースまとめ

1998年 ジャパンカップ

www.youtube.com

 

スペちゃんが負けて大泣きしていたレース。

1着エルコン、2着エアグルーヴも史実通り。

 

そのエルコンドルパサーなんですが、史実ではこれが2つ目のG1勝利。

しかし、ウマ娘アニメでは、NHKマイル→日本ダービー(同着)→天皇賞秋→JC、とG1を4連勝しています。

 

いや、エルコンドルパサー強すぎやろ。。。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180514032010j:plain

 

1999年 宝塚記念  

グラスワンダーとスペシャルウィークの初対戦。

 

結果は史実通りで、グラスワンダーが圧倒的強さで圧勝。位置取りも同じような感じ。

2着のスペちゃんも、3着の大人の事情で一切名前が出てこないステイゴールドに7馬身差をつけている。

 

そしてここでも当然のように負けているキングヘイローさん。

完全にヤムチャのようです。

 

アニメ版では、スペちゃんがスズカ先輩を気にしすぎるあまり、自分の走りをすることができずに負けたという描写。

あれ、この描写…秋の京都大賞典の伏線かな…?

自分を取り戻せずスランプに陥って…って感じか?

 

ちなみに史実のスペシャルウィークの敗因として、スズカ先輩が気になっていたわけではなく、AJCC→阪神大賞典→天皇賞春と3連勝してからの臨戦過程だったため、疲労が溜まっていたからです。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180514033435j:plain

 

1999年 イスパーン賞(フランス)

www.youtube.com

※7:24あたりから

 

エルコンドルパサーは、1999年に海外遠征。

最初はこのイスパーン賞でした。

ここでも2着と好走。

 

(ついで)端折られたスペシャルウィークのレース

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

アニメでは「スズカさん、スズカさん」と執着していたスペちゃん。

史実ではJCから宝塚記念までに3戦3勝。

天皇賞春も勝ち、きっちりG1も勝っております。

 

これだけの成績を残してりゃ、トレーナーさんから何ひとつ文句も言われなかっただろうに。

言及すらされなかったことから、この3レースはアニメ版ではなかったことにされているのでしょうか?

 

しかしこう見ると、スペシャルウィークってステイヤー寄りの馬だったのかなぁ。。

 

 

ウマ娘 第8話 感想 

サイレンススズカの復帰フラグが立てられまくった回。

  

一体どのレースに出てくるのでしょうか?

やはり、天皇賞秋なのでしょうかね。。

そこでスペちゃんと初対戦という胸熱展開。痺れるね。

 

あと、WDTという架空のレースをいきなり出してきたのも気になる。

なんだかんだでこのアニメは、史実に左右されている部分が強い。

だからこそ作り手としては、好き勝手できる架空のレースが欲しかったのかもしれないですね。

 
ついに後半戦に入ったウマ娘。
1クールなのが惜しい!2クール欲しかったなぁ。。。
 
 
このセイウンスカイがスペちゃんにいたずらするシーンが可愛かった

f:id:tyutohanpamansion:20180514035721j:plain

 

 

ウマ娘 第9話 史実レースまとめ

1999年 凱旋門賞

www.youtube.com

 

史実通りエルコンドルパサーが逃げ、それをモンジュー(アニメではブロワイエ)が差したレース。

 

いやぁ、見れば見るほど2012年の凱旋門賞でオルフェーヴルが差されたシーンを思い出す。

逃げではなかったけど、早め先頭→そのまま1着か!?→他の馬に差され2着→でも3着馬は離しまくった、というところまで全く同じ。

 

日本馬は永久に凱旋門賞は勝てないのでしょうか。

ドバイや香港ではあれだけ勝ちまくっているというのに…ねぇ…。

 

ちなみに、外国馬であるモンジューの名前が使えなかったことから、ブロワイエという架空の馬をライバルとして出しました。

 

その名前の由来というのが…

 

 

778: ポンポコ名無しさん 2018/05/21(月) 00:32:32.00 id:SvKqHpL50
青嶋坂学会@damehorse

何やら #ウマ娘 でブロワイエなる謎のキャラが
話題になっているようですが……
モンジュー城(Chateau de Montjeu)が存在する
コミューンが、ブロワイエ、または
ブロワイユ(Broye)なのです。
https://twitter.com/damehorse/status/998222638290911232

ちゃんと由来があるんだな

802: ポンポコ名無しさん 2018/05/21(月) 00:33:41.09 id:NcoaK7VH0
>>778
そういうことなのか
キンイロリョテイさんと違ってすぐ連想できないわけだ

822: ポンポコ名無しさん 2018/05/21(月) 00:34:50.95 ID:7p1F0uhJ0
>>778
へえ。勉強になるな、ウマ娘

859: ポンポコ名無しさん 2018/05/21(月) 00:37:15.63 id:qyZF1QMk0
なるほど、モンジューの馬名の由来は城の名前だから
ブロワイエはその城がある場所の名前を使ったのね

「ウマ娘 プリティーダービー」9話感想 : ポンポコにゅーす:アニメを愛するファンサイト

 
 

それでもピンと来ない私はバカなのでしょう。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180522040911j:plain

  

犬神家の一族

f:id:tyutohanpamansion:20180522041405j:plain

 

f:id:tyutohanpamansion:20180522041441j:plain

 

こう見ると、思ったよりシュールな絵面だった。

  

ウマ娘 第9話 感想 

こういうアニメでよくある合宿回

  

いつまで経っても「スズカさん…」が止まらないスペちゃん。

調教でも休憩の間もずっと気が抜けたまま。

 

トライアスロン調教にてスズカを助けようとしたスペちゃんにトレーナーが喝。同時にスズカにも喝。

そして目覚めるスペとスズカ。

 

スズカは逃げ脚質とは思えない末脚を発揮して他のスピカメンバーをごぼう抜き。

これは、今後スズカが復帰した時の伏線になりそうですね。

「サイレンススズカは後方からの競馬でも凄かったかもしれない!」という制作側の願望込みで。

 

その後、「止まらなーい!」→「無理~~!」→犬神家の一族

 

という回でした。

 

ちなみに、史実ではスペシャルウィーク、この頃から調教で動かなくなっていたそう。

その史実が元ネタになっている…っていうのはちょっと違うか。

 

このころから調教で動かなくなり次走の天皇賞(秋)でも直前の調教では500万条件の馬に負けた。

スペシャルウィーク - Wikipedia

 

「俺はお前たちが一緒に走っているところが見たいんだ!」

トレーナーさんがそのようなことを言っていました。
そんなわくわくするレースが見たいと。
 
しかし、トレーナー(調教師)ではありませんが、そういうことを本当にやってしまった方もいます。
 
 
吉田勝己「俺はお前たちが一緒に走っている所を見たい!」
 
 
2018年オークス
1着 アーモンドアイ(ノーザン)
2着 リリーノーブル(ノーザン)
3着 ラッキーライラック(ノーザン)
 
 
東には天栄、西にはしがらきという外厩を持ち、このガリバー牧場の勢いは留まることを知りません。
ダービーも独占するのかしら…?
 
今と比較すると、20年前頃は社台ノーザンばかりではなかったような…。
 
 
全然わからなかった所とか結構多い。。。

 

ウマ娘 第10話 感想・史実レースまとめ

1999年 京都大賞典

www.youtube.com

 

スペは7着オペは3着。史実通り。

スペシャルウィークが3番手から仕掛け、オペラオーも同じようにその後ろで仕掛けるものの、スペは全く伸びず、オペは最後末脚を伸ばすものの届かず。

 

オペラオーが「マークする相手間違えたー」と言っていましたが、史実もそんな感じでした。

 

エルコンドルパサーがスペちゃんに「ちょっと大きくなりましたネ!」と言っていましたが、実際に当レースのスペシャルウィークは過去最高体重の486kgでした。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180528204551j:plain

  

トウカイテイオー 新馬戦(中京芝1800)

www.youtube.com

 

ウオッカ エルフィンS

www.youtube.com

 

ダイワスカーレット 中京2歳S

www.youtube.com

 

メジロマックイーン 新馬戦(阪神ダ1700)

動画見つからなかった…

 

ゴールドシップ コスモス賞

www.youtube.com

  

チームスピカの面々が久々にレース走っています。

調教ばっかりしていてレース出てなかったんか…

 

とりあえず、時系列的にはめちゃくちゃ。

ま、それを言うのは野暮なので、その辺は突っ込まないでおきましょう。。。

 

1999年 天皇賞秋

www.youtube.com

 

スズカの悲劇から1年経った天皇賞秋。

1番人気だったセイウンスカイちゃんが、「狭いとこ嫌だなー」とか可愛くわがまま言っていましたが、ゲート入りを渋ったのも史実通り。

 

スペシャルウィークがレコードで差し切り勝ち。

セイウンスカイ5着、キングヘイロー7着。

2~4着馬は大人の事情で名前出せない馬たち。

基本的にこれは史実通りでしたね。

 

最後に、負けたくせに大言壮語していた完全にヤムチャキャラと化したキングヘイローさんでしたが、その翌年、短距離路線に転向し、G1制覇。

たぶんそれはアニメで描かれることはないでしょうが…。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180528212206j:plain

 

ウマ娘 第10話 感想 

よく一緒にいるウマ娘たちの関係性

メジロドーベルーメジロライアン

親子関係です。

メジロライアンはメジロドーベルの父。

 

マックイーンは単に牧場が同じなだけ。

よく馴れ合っているゴールドシップとの関係は、ゴールドシップの母方の祖父がメジロマックイーン。

 

一見豪華な一族ですが、メジロ牧場はすでに解散しています。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180528211433j:plain

 

トウカイテイオーーシンボリルドルフ

親子関係

シンボリルドルフはトウカイテイオーの父。

 

シンボリルドルフの皇帝感がアニメでもよく描かれております。。。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180528211628j:plain

 

ウオッカーダイワスカーレット

史実でのライバル関係

血縁関係はありません。

 

牡馬に混じって走っていたウオッカは男勝りなキャラで、牝馬戦線で無双していたダイワスカーレットはお嬢っぽいキャラ(まあ結局牡馬に混じっても無双したけど)

よくできています。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180528212031j:plain

 

ビワハヤヒデーナリタブライアン

兄弟関係。

兄がビワハヤヒデで弟がナリタブライアン

リアルタイムでは知りませんが、なんとも強い兄弟でした。。。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180528213047j:plain

 

あと3話で終了! スズカとスペは一緒に走るのか!?

最初は「何だこりゃ」と思ったウマ娘アニメ。

今では、こんなにも終わることが寂しく感じるアニメは久々です。

 

今回は史実の則った作りでしたが、史実にはないスズカの復帰が決定。

果たしてJC、有馬記念でのスペ・スズカの共演はあるのか。

 

あと残り3話、見守りましょう。

 

ウマ娘 第11話 感想・史実レースまとめ

1999年 キャピタルS?

動画見つからんかった。すいませんでした(川田将雅風)。

 

サイレンススズカ復帰戦は、1999年のJC前日のOP特別。

つまりこのレースでしょう。

 

キャピタルS|1999年11月27日 | 競馬データベース - netkeiba.com

 

当時は1600万下でしたが、現在はOP特別です。

 

今までは他ブログの解説記事はあえて見ずに頑張っていましたが、今回は全然元ネタ関連の話がわかりません

なんで、色々と元ネタ解説記事を参考にさせていただきました。

 

サンバイザーという謎のウマ娘について 

突然の釘宮ボイスでサイレンススズカに啖呵を切ったこのウマ娘。元ネタはサンフレアという馬。

ゼッケン番号も一致しており、まあその馬がモデルでしょう。

こんな馬初めて知ったわ…

 

なんでこの馬は名前変えてあるんだって?

だから大人の事情です。馬主欄見てね。

いっつも2着のキンイロリョテイみたいなもんです。

 

参考:ウマ娘第11R「おかえりなさい!」視聴!感想&競馬用語元ネタまとめ

 

キャピタルSをサイレンススズカの復帰戦にした理由

言うまでもなく、サイレンススズカの復帰戦は完全なる創作。史実もクソもありません。

だとしたら、なぜ1999年JC前日のキャピタルSを選択したのか。

 

その元になるレースとは2001年11月25日の第9Rに行われた「キャピタルS」。このレースに出場していたウマがサイレンススズカの弟「ラスカルスズカ」です。このラスカルスズカはサイレンススズカと違い長距離を得意とするウマでした。ではなぜこのキャピタルSに出走していたのか?

このラスカルスズカもキャピタルSがアニメウマ娘のサイレンススズカと同じ復帰レースでした。前走の2000年に開催された宝塚記念のレース後にラスカルスズカは右前浅屈腱炎を発症し休養することとなりました。約1年半の復帰レースとしてこのキャピタルSに出走していました。

 『ウマ娘』サイレンススズカの復帰戦をキャピタルSにした理由とは?ちゃんと元になるレースがあった!

 

ぜーんぜんわかんないので、引用させていただきました。

よく気づくなぁ。。。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180604050404j:plain

 

それにしても、どんどん史実元ネタ発掘が難しくなっていっているのは気のせいでしょうか…?

リアルタイムで見ていないと厳しいわ。。。

 

当時坊主頭の中学生だった私は、競馬なんか全く知らず、当時ルーキーだった松坂大輔に夢中だったからなぁ。。。

  

ウマ娘 第11話 感想 

元ネタはスラムダンク?

f:id:tyutohanpamansion:20180604051424j:plain

f:id:tyutohanpamansion:20180604051850j:plain

 

:サイレンススズカに「勝て」を込めた念→サイレンススズカ勝利

:魚住に「フリースロー外せ」を込めた念→リングにカスりもせず

 

「もしサイレンススズカが復帰したら」という「タラレバ」アニメ

 

サイレンススズカが追い込んで先頭に立った後、最後はヒヤヒヤしながら見てしまいました。

「怪我するな!無事でいて!」って。アニメなのに。

 

結果は無事1着でゴール。

もし史実でこんなことが起こったら、私も泣いてしまうかもしれません。

 

競馬で「タラレバ」の話は不毛だとよく言われますが、競馬ほど「タラレバ」の話が面白いコンテンツはないのではないかと思います。

 

結局競馬予想をする上で、人は自分で勝手に仮説を作り、その仮説を当てはめて予想し、当たれば「自分の仮説は合っていた!」と大喜びする。

その仮説の殆どは「タラレバ」です。そう、競馬予想は面白いものです。つまり、それは「タラレバ」の話も面白いということなのです。

 

「サイレンススズカが現代競馬にいたら…」とか「復帰したら…」とか、競馬ヲタなら一度は話したことがある話題なのではないでしょうか。

それを実際に描いたのが、この「ウマ娘」のアニメなのです。

 

競馬ヲタの「タラレバ」話と妄想、それが実際にアニメで描かれて、胸が熱くならないわけがないでしょう。

アニメなのに、しかもこんなふざけまくった設定のアニメなのに、なんでこんなに目頭を熱くせねばならないのでしょうか。

 

まったく、すごいアニメです。

 

来週はJC…ってちゃんと描かれるのか?

今週はブロワイエとスペちゃん出走のJCが発走したところで終了。

この終わり方は、来週JC…でなくて、すでにJCが終わった後でそのレースを回顧するチームスピカの面々…って感じで始まりそうです。

 

そして有馬→アニメオリジナルレース…で最終回でしょうか。

 

最終回まで目が話せないウマ娘アニメ。

サイレンススズカ復帰は今後のスペちゃんにどう影響を与えるのか?

 

あと2回、見守りましょう。

 

ウマ娘 第12話 感想・史実レースまとめ

1999年 ジャパンカップ


1999 ジャパンカップ

 

史実通りスペシャルウィークが勝利。

外国馬勢に「調子のんな!」と一泡吹かせることができました。武豊は意外にもこのレースがJC初勝利。

 

ブロワイエのモデルとされているモンジューは4着。

アニメでのブロワイエの着順は知らん(2着?)

  

スペシャルウィークが早めに仕掛けた後でモンジューも仕掛けていったのも史実通り。

基本的には、史実に忠実なレースとなりました。

 

エルちゃんや他の馬もJCに出すんじゃねえのかとも思いましたが、そのエルちゃんを凱旋門賞で倒した外国馬・ブロワイエが大ボスのような存在。

 

日本産ウマ娘が外国の大ボスを倒す→日本のウマ娘たちみんな大拍手

 

こんな感じのキレイな物語を作りたかったのでしょう。

余計な史実以外の要素は入れませんでした。

 

ちなみに、サイレンススズカの弟であるラスカルスズカが史実では5着でした。

だからJCの前日にサイレンススズカは復帰したのかな?(関係ないか?)

 

f:id:tyutohanpamansion:20180611050955j:plain

 

(ついで)1999年 有馬記念


1999 有馬記念 

 

アニメで描かれないことが確定したので、あえて紹介。

JC後、史実ではスペシャルウィーク最後のレースとなりました(怪我ではなく予定通りの引退)

 

アニメでも宝塚の時、グラスワンダーがスペシャルウィークに啖呵切っていた伏線があったので、最終回 or 最終回前はこのレースだろうと思ったのですが、まさかの省略

 

ただ、もしこのレースの結果が違っていれば、このレースが省略されることはなかったのでしょう。

たった1~2cmの差です。

 

レース内容に関しては、ご自分の目でお確かめ下さい。

 

ウマ娘 第12話 簡単な感想  

ウイニングライブが復活!

第3話以降、ウイニングライブというアイドル要素が完全に消え失せていましたが、久々にウイニングライブが復活しました。

スペちゃんも、G1あれだけ勝ったのだから、もうライブにはすっかり慣れたでしょうね。

 

JC後のライブでは、スペちゃんがキャラソンソロ曲を熱唱。

非常にお金の匂いのする感動する特殊EDでした。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180611054051j:plain

 

時が流れて…最終回、WDTで夢の11R実現!

JC後、有馬記念を省略し、時が流れてしまいました。

8話でも言及されていた、WDT(ウインター・ドリーム・トロフィー)の出馬表が表示され、ここで12話は終了。

  

つまり、最終話はアニメ完全オリジナルレースで締めるということになります。

 

出走馬・枠順は…

 

ウインタードリームトロフィー 東京芝2400m

 

1.サイレンススズカ

2.メジロマックイーン

3.ヒシアマゾン

4.トウカイテイオー

5.ウオッカ

6.マルゼンスキー

7.グラスワンダー

8.オグリキャップ

9.フジキセキ

10.シンボリルドルフ

11.エルコンドルパサー

12.テイエムオペラオー

13.スペシャルウィーク

14.ゴールドシップ

15.エアグルーヴ

16.ビワハヤヒデ

17.ナリタブライアン

18.ダイワスカーレット

 

まさに夢の11Rって感じです。

チームスピカ全頭出走で、トレーナーさんの願望が叶いました。

 

大人の事情がなければ、もっと豪華な顔ぶれになっていたかもしれませんが、それでも豪華です。

 

完全なるアニメオリジナルレースなので、どのウマ娘が勝つのかも想像できません。

 

「どーせ主役のスペちゃんが勝つんだろ」と思うかもしれませんが、このウマ娘アニメの制作陣は中々捻くれているところがあるので、もしかしたら「ファーーーーーwww」って感じの結果が待っているかもしれません。

 

このWDT、真面目に予想したら今年の宝塚記念よりも楽しいかもね。

誰か胴元やっていただけませんか?

 

とりあえず、府中苦手のゴールドシップは切りで。

 

ウマ娘 第13話 感想・史実レースまとめ

この最終話ではチームスピカの面々のその後がダイジェスト紹介され、紹介する史実レースが多い多い。。。 

 

1999年 有馬記念


1999 有馬記念  

前回「どうせ触れられない」と思って紹介したのに…

まあいいや。もっかい紹介

 

JC後、史実ではスペシャルウィーク最後のレースとなりました(怪我ではなく予定通りの引退)

 

アニメでも宝塚の時、グラスワンダーがスペシャルウィークに啖呵切っていた伏線があったので、最終回 or 最終回前はこのレースだろうと思ったのですが、まさかのダイジェスト

 

ただ、もしこのレースの結果が違っていれば、このレースが省略されることはなかったのでしょう。

たった1~2cmの差です。

 

スペシャルウィーク武豊は勝ちを確信してウイニングライブランをしたものの、結局グラスワンダーが勝って肩を落としたとさ。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180618050739j:plain

 

2008年 天皇賞秋

www.youtube.com

伝説のライバル対決。

僕は現地観戦しましたが、着順出るまでダイワスカーレットが勝ったと思っていました。

ちなみに今でも思っています。

 

1991年 皐月賞

www.youtube.com

1991年 日本ダービー

www.youtube.com

1993年 有馬記念

www.youtube.com

ルドルフ会長のように三冠馬にはなれませんでしたが、有馬の復活Vは伝説。

ちなみに、当時乗っていた騎手のことは検索しないようにしましょう。はい。

 

1991年、1992年 天皇賞春

www.youtube.com

www.youtube.com

武豊はデビュー5,6年目でこんな馬の主戦を平気でしていた。

強い馬=外国人の現在では考えられない。

今なら、このメジロマックイーンの天皇賞秋でやらかした降着で、ミッキーアイルでやらかした浜中のように干されていたかもしれないね。

 

2013年、2014年 宝塚記念

www.youtube.com

www.youtube.com

2014年 凱旋門賞

www.youtube.com

宝塚記念で滅法強かったゴルシさんですが、2015年の宝塚では…。

ちなみに、凱旋門ではゴルシは空気で、ハープスター川田の世界レベルの糞騎乗が目立っています。

 

ウマ娘 最終話 簡単な感想  

WDT(ウインター・ドリーム・トロフィー)枠順

1.サイレンススズカ

2.メジロマックイーン

3.ヒシアマゾン

4.トウカイテイオー

5.ウオッカ

6.マルゼンスキー

7.グラスワンダー

8.オグリキャップ

9.フジキセキ

10.シンボリルドルフ

11.エルコンドルパサー

12.テイエムオペラオー

13.スペシャルウィーク

14.ゴールドシップ

15.エアグルーヴ

16.ビワハヤヒデ

17.ナリタブライアン

18.ダイワスカーレット

 

WDT、詳細な着順はゲームでね!

 

全頭同着ってこたぁないでしょうが、最後全馬横一線でゴール。

着順は出せないわな。まあ仕方ないね。

そして皆でスペシャルライブ。

 

さて、続きはアプリで…って未だに事前登録段階なんですが。。。

 

ま、まあスクフェスだって、ラブライブ1期終了後に配信されてあの人気でしたし。。。

 

f:id:tyutohanpamansion:20180618050719j:plain

 

最後出てきた謎のウマ娘は何者だ? 

f:id:tyutohanpamansion:20180618045803j:plain

↑ この娘です。

 

色から判断すると、キタサンブラックで間違いないと思いますが…。

この娘で第2期やってくれていいですよ。

 

てか、ウマ娘はスピンオフとか作りやすそうだなぁ。。。

 

まとめ

以上、ウマ娘プリティーダービーの全話の感想・史実レースのまとめでした!

 

今後2期が放映される可能性もあるので、それに期待したいと思います!

 

この度は読んでいただきありがとうございました!