新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、内向型、視覚優位者、ドケチ、X JAPAN信者。中途半端で生きづらさを感じているカボスチャンによる雑多なブログ

夜回り組長・石原伸司氏が自殺! アスカが原因で離婚も…

スポンサーリンク

石原伸司(本名:石毛義雄という方をご存知でしょうか。

元暴力団組長で、カタギになってからは「夜回り組長」として、歌舞伎町などの繁華街で非行少年・少女などの更生を手助けしていた人です。

 

そんな夜回り組長は現在どうしているのかというと、とんでもないニュースが飛び込んできました。

 

「夜回り組長」傷害事件後入水自殺。そして強盗殺人で書類送検…

東京都豊島区の簡易宿泊施設で昨年10月、利用客の男性が殺害された事件で、警視庁捜査1課は5日、強盗殺人容疑で、当時この施設に宿泊しており事件後に死亡した住所、職業不詳の男(79)を容疑者死亡のまま書類送検した。男は元指定暴力団関係者で、繁華街で少年少女の更生にあたる「夜回り組長」として活動。石原伸司の名前で作家活動もしていた。

 送検容疑は昨年10月26日未明、豊島区駒込のサウナ付き簡易宿泊施設で、客の無職、木村清己さん=当時(71)=の首を絞めるなどして殺害し、腕時計(時価100万円相当)を奪ったとしている。

 防犯カメラの画像などから、男に似た人物が腕時計を付けて施設を出た後、台東区内の質屋を訪れ、木村さんのものと型番の同じ腕時計を持ち込んでいたことが判明。また、木村さんの着ていたガウンに付着していた血液が男のものと一致した。

 男は今年3月6日、墨田区で別の男性に刃物で切りつけた後、隅田川に飛び込み、溺死しているのが見つかっていた。周囲に「死にたい」と話していたといい、捜査1課は自殺の可能性があるとみている。

 男は平成20年、産経新聞のインタビューで、夜回り組長として少年少女の悩みを聞き歩く活動について、「自分でも何かの役に立てるんだと感じた。残りの人生は非行少年の更生に費やそうと決めた」などと語っていた。

 

男性殺害後、自殺か 容疑で「夜回り組長」を書類送検 東京・駒込 - 産経ニュース

 

去年堅気(かどうかは知らん)の高齢男性を殺害。腕時計を奪う

  ↓

別の男性に傷害(理由不明)

  ↓

入水自殺

 

このように夜回り組長こと石原伸司氏の晩年は、凶悪犯罪のオンパレードからの自殺という、極道を極めた人間らしく壮絶なものとなりました。

 

入水自殺なんて、普通の一般男性、しかも79歳という高齢でなかなかできるものではありません。

常人では考えられない程の肝の据わり方です。

ある意味では大したものです。

 

 

夜回り組長・石原伸司と太田アスカ

夜回り組長が更生を手がけた人物といえば、太田アスカが有名でしょう。

 

1980年東京都墨田区生まれ。生後7ヶ月で母が育児放棄し、祖父母に預けられる。12歳のとき、突然やってきた母と義父に連れ戻され家族生活がはじまるが、虐待、義父レイプを受ける。耐えかねたアスカは、歌舞伎町へ家出。そこで出会ったヤクザの組長と同棲しシャブ漬けにされ、シャブとセックスなしでは生きていけない女となる。教護院、女子少年院、女子刑務所など7年近く塀の中で生活。2006年7月出所。仮釈放中に夜回り組長・石原伸司と出会い、現在更生を目指す。

 

歌舞伎町のシャブ女王―覚醒剤に堕ちたアスカの青春

 

アスカ更生に人生を賭けようとした夜回り組長。

石原氏の奥さんもそういった非行少年少女の更生活動に協力的でしたが、「アスカの更生は無理。これ以上あの子に入れ込むなら離婚する」と言い、結局本当に離婚してしまいました。

 

実際のところ、これが本当の理由なのかは怪しいものですがね…。

アスカと親密以上の関係があったのかもしれません。

 

その後もアスカ更生に様々な手を尽くしますが、結局アスカは石原氏から逃亡。

現在は一般男性と結婚し、子供と共にどっかの地方都市で暮らしているそうです。

 

アスカと夜回り組長を描いた漫画

そのアスカと石原氏の話は、下記の漫画に詳しく書いています。

僕も読みましたが、普通に面白く、覚せい剤の恐怖についても学べるので、 ぜひとも読むことをおすすめします。

 

歌舞伎町の少女たち?金と男とクスリに溺れた青春? (ストーリーな女たち)

歌舞伎町の少女たち?金と男とクスリに溺れた青春? (ストーリーな女たち)

 

  

この漫画を読むならば、月額980円書籍読み放題サービス・KindleUnlimitedに加入したほうが絶対お得です

初月無料なので、実質無料で読むことが出来ます。

 

巷で言われている以上にラインナップは豊富なのでオススメのサービスですよ!

 

 

(追記)石原氏は本当に元暴力団組長なのかという疑惑も

「資産家女性とトラブルになり、別れた後、落ちぶれてしまった」

 最近でも、昔の仲間やマスコミ関係者に「金を貸してほしい」という電話が頻繁に入っていた。電話を受けた知人によれば、「1万円、いや3000円でいいから都合してくれと、切羽詰まった様子だった」という。

 知人によると、石原氏は最近、いらない服を知人に送りつけて「買ってくれ」と押し売りをするなどトラブルが絶えなかったという。石原氏は「夜回り組長」と自称していたが実際は違ったようだ。

「若い衆がいたこともなく、実際には組などはもっていなかった。ただ組員で、幹部などの役職にもついたことはなかった」(前出の知人)

 

落ちぶれた「夜回り組長」 殺人事件直前に金の無心 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

 

逃亡生活初期は居酒屋で飲み、ビジネスホテルに泊まっていたが、カネが尽きていたようだ。

「生活費は知人に数千円~数万円ほど無心しまくっていたが、カネを貸してくれる相手は無限にいるわけではないので、困窮し、ホテルではなく、ドヤに泊まるようになったようです。今回の殺人事件の1週間後ぐらいに、公衆電話からカネの無心があり、高田馬場の喫茶店で会ったときは相変わらず『追われている』と話していたが、殺人のことはまったく口にしなかった。駅の交番の前で握手して別れたぐらい。警察には無関心で“追っ手”だけにおびえていた。着道楽の人だったのに、逃亡生活でボロボロの格好になって『疲れたなー』と漏らしていた」(同)

 かつては明るく能弁でヒゲの手入れを欠かさなかったが、別人のようにゲッソリし、無精ヒゲが生え、笑顔もなくなっていたという。逃亡の末の金欠で、金目になる腕時計を盗んだのだろうか。

 事情通は「事務所を構えていた暴力団時代、窃盗犯が盗品を売りにきていた。石原さんが転売ルートを持っていたからです。石原さんは高い貴金属、腕時計だけは買い取っていた。安物や偽物を売りつける役に立たない窃盗犯がいたら、裏で警察に通報し、警察に恩を売っていた。目利きは確かなんでしょうね」と指摘した。

 

「夜回り組長」石毛義雄容疑者 殺人、傷害そして自殺の末路

   

上の記事では「実際組など持っていなかった」と書いているのに対し、下の記事では「事務所を構えていた」とか書いてるけど。。。

 

少なくともただの凶悪犯罪者として亡くなってしまった人間。

組長だろうがペテン師だろうがどっちでもいいけど、マスコミって本当に適当ね。

 

(追記2)動機は痴情のもつれだった?

「石毛容疑者は奪った腕時計を持って宿泊所を出た後、台東区の質屋を2軒訪れ、売りはらおうとしましたが、身分証明書がなくて断られてしまった。その姿が防犯カメラの映像などで確認されています。ただ、現場の宿泊所には昨年8月から毎日泊まっていて、そこまでお金に窮していたというわけでもなさそうです。殺害された被害男性は首の骨が折れるまで締められていて、着ていたガウンには血痕のほか、体液も付着していた。『単なる強盗殺人ではないんじゃないか』と見る向きもあります」(前出の捜査事情通)

 

単なる強盗殺人ではないとする見方も 死にたいと漏らしていた夜回り組長 - ライブドアニュース

    

79歳で痴情のもつれ(相手は男性だけど)だったら、なんにせよパワフルな79歳だったな。。。

ただ、それならなぜ腕時計を奪ったのかが謎となってしまいますが。。。

 

本人が亡くなった現在、真相は闇の中です。。 

 

まとめ

夜回り組長・石原伸司氏。

この凶悪犯罪からの自殺は、晩年相当生活が荒んでいたのでしょう。

 

その原因はアスカとの関係・奥さんとの離婚にもあると思います。

 

石原氏の壮絶な最期。

自分の生活を犠牲にして太田アスカに入れ込んだ結果、自分が荒んでしまったという悲しい結末となってしまったのです。