新・中途半端男の逆襲

現在全記事リライト中。5月中に新メディア発足予定。

【感想】ピエール瀧薬物問題・後藤真希の不倫騒動、意外性がない

スポンサーリンク

 

 

ピエール瀧が薬物所持・使用で逮捕。

後藤真希の不倫

 

これらの騒動を見て、私が思ったことが

 

全く意外じゃない

 

と思ったこと。

 

まあ私だけかもしれませんがね。

 

自分で自分を殺したい気分です。

 

  

ピエール瀧逮捕は意外性なし 

 

私は映画に疎いが、ピエール瀧が様々な映画に出まくっていて、俳優として新井浩文と同じようなポジションを築き上げていたのは知っていた。

 

ただ、私からすればピエール瀧はミュージシャンの印象が強い。

電気グルーヴにおいて、ヒットした「Shangri-La」、コジコジのED「ポケットカウボーイ」は、テクノに精通していない私でもよく知っている。

 


コジコジ 初代ed ポケットカウボーイ

 

そもそも、80~90年代テクノ・ミュージックなんて、60~70年代のサイケミュージックと同じように、多少ラリっている奴がやる音楽、という印象。

 

だから、ピエール瀧の薬物なんて

 

意外性なんてなにもない

 

と思います。

 

20代のころからやっていたみたいだし。。

 

ドラッグやるなら俳優はやるべきではなかった

ただ、ピエール瀧は俳優として頭角を現してしまったのは逆に不幸であった。

そのせいで、多額の違約金などが発生してしまうことになるだろうし、復帰も難しくなる。

 

槇原敬之なんて、薬物で捕まったくせに、顔がまずかったおかげで音楽一本しかやっていなかったため、何事もなかったように復帰。

今年のセンバツの行進曲にも「世界に一つだけの花」が使われ、誰も薬物やったことなんて忘れている。

 

そこからわかることとして、

 

ドラッグやり続けるなら仕事は広げるな

 

ということ

 

逮捕された時のリスクが大きくなってしまうからね。

 

その点では、ピエール瀧はアホであった。

 

後藤真希不倫騒動は意外性なし 

 

まあ、

 

これも意外性なんてまったくないよね。

 

同じ年の人は思ったかもしれないけど、

 

ゴマキってデビュー当初からヤリ○ンっぽかったじゃん

 

そういう意味では矢口の方が意外性あったなぁ。

クローゼットというのも面白かったし

 

後藤真希不倫騒動に対して思うこと

 

生々しいというより、

 

同じ境遇っぽい人がいすぎて盛り上がらなかったのでは…?

 

と思ったよね。

 

ゴマキはモラハラ確実に受けているよ。

そして、夫は離婚する気なし。

 

そのうち調停か裁判で離婚が成立すると思われます。

 

まとめ

・ピエール瀧逮捕・後藤真希の不倫に意外性なし

・ドラッグやるなら音楽だけやってりゃよかった

・ゴマキはモラハラを確実に受けていて、確実に今後離婚する

 

以上、バイキング、アッコにおまかせ!的な時事ネタでした。

 

ブログ更新きついならこういうのも有りだな。

 

後藤真希 活動休止前ラスト写真集 『 go to natura ... 』

後藤真希 活動休止前ラスト写真集 『 go to natura ... 』