新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、内向型、視覚優位者、ドケチ、X JAPAN信者。中途半端で生きづらさを感じているカボスチャンによる雑多なブログ

【ADHD】病的な先延ばし!FP2級試験の申込期限に間に合わなかった話

スポンサーリンク

僕は発達障害の一種・ADHDを持っています。

不注意、頭ざわざわ、パニックを起こす、未知のものに極度に弱い、物によくぶつかるなど、様々な特性を持っていますが、その中でもずっと頭を抱え続けているのは先延ばしという特性です。

 

その先延ばしの特性を持っているが故、久々にやらかしてしまいました。

 

FP2級・実技の受験申請をしようとしたが…

先日の試験で、FP2級は学科のみ合格した。

学科さえ合格してしまえば、次回は実技のみ受験し合格してしまえば正式にFP2級技能士となれる(実技といっても計算問題が多いだけで学科のようなもの)。

 

次回の試験日は5月27日。

日本ダービー出走回避でFP試験に出走しようとしていた。

 

こちらより出走登録(受験申請)をしようとした。

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

 

f:id:tyutohanpamansion:20180419032638p:plain

 

 

 

 

受付終了

 

 

 

どうしてこのような事態になってしまったのでしょうか。

 

やらかした原因・対策

すぐやればいいものを先延ばしにした

僕の得意技です。

あとでやればいいやと先延ばしにして、このような事態に陥ってしまうのです。

 

最近は仕事の際は「どうせやるタスクは前倒しですぐやる」を心がけていて、それ程先延ばしによる失敗はありません。

しかし、それ以外のブログやその他の申込みなどは先延ばしの嵐になります。

なぜなら困るのは自分だけだからです。だれにも迷惑はかけない。そんな意識を持っています。

潜在的に自分が嫌いだから、「先延ばしして自分に迷惑をかけてやろう」という意識が働いているのでしょうか。

 

もう仕事と同じ領域で考えるしかないのでしょうか。

息が詰まる。。。

 

ちゃんと申請期間を把握していなかった

要は曖昧な思い込み・早とちり。

極度の早とちりも特性のひとつ。勝手に思い込みで後々勘違いに気づくということが多々あります。

 

申請期間をちゃんと手帳に書き込み、「○日には応募する」といったように、todoのひとつとして捉える必要がありますね。

 

また受けるのがめんどい

今はFPの勉強よりも当ブログを育てたいという思いがちょっとだけあり、「勉強したくねーなー」という雑念が上記の先延ばし・思い込みを引き起こしたと言えなくもないでしょう。

 

こればかりは仕方ないです。

結局5月は受けないで正解だった、そういう運命だった、とプラスに受け入れるしかありません。

 

殺されてもすぐやるように

僕の先延ばしは病的です。

少しはマシになったとはいえ、かなり気を引き締めないと、またこのようなことを繰り返します。

 

結局、「あとでやろう」はやらずにリミットを過ぎるフラグになります。

 

「あ、これやらなきゃ」と気づいた時点で手を出すこと。

無理矢理でも手を出すこと。

「ここでやらないと氏ぬ」というくらいの気概でやること。

 

それくらい極端にしないと改善は不可能です。

この病的な先延ばしは。

 

次の試験申請期間は7月4~25日

僕のポンコツ脳では、そもそもその事を忘れてしまう可能性があるので、今のうちに手帳に書き込んでおきます。

 

 

症状がひどい時は、その手帳そのものをどっかにやってしまうのですが…ね。

  

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか