新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ、X JAPAN信者。そんな中途半端なダメ人間が必死に足掻いていくブログ。

スポンサーリンク


【吉祥寺車暴走】高齢ドライバーは事故起こさないと免許返納しないのか

f:id:tyutohanpamansion:20171021000026p:plain

 

吉祥寺で高齢ドライバーによる車暴走事故がありました。

 

横断歩道の列に車、7人けが=東京・吉祥寺、運転の85歳逮捕:時事ドットコム

 

東京・吉祥寺駅前で車暴走 85歳「ブレーキ踏み間違えた」 :日本経済新聞

 

横断歩道の列に車、7人けが=東京・吉祥寺、運転の85歳逮捕 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

相次ぐ高齢ドライバーの事故。高齢ドライバーは結局、「自分は大丈夫だ」という気持ちがあるのでしょう。

だから85歳でも都内を運転してしまうのです。

 

高齢ドライバーの免許返納、そういう高齢者の思いがあるから思ったように進まないのでしょう。

もちろん様々な問題はありますが…。 

 

容疑者の男(85)の供述から見る高齢ドライバー事故の原因

「アクセルとブレーキを踏み間違えたかもしれないが、よく覚えていない」

 

安定の”アクセルとブレーキ踏み間違え”です。

そして”よく覚えていない”というのも高齢ドライバー事故の定番です。

 

殆どの高齢ドライバー事故が同じような理由なんですよね。

「高齢ドライバーの事故=加齢による判断能力・認知能力の低下」と完全に定義してもいいくらいです。

 

まぁ、これが「むしゃくしゃしてやった」とかなら、別の理由で免許返納+精神鑑定が必要ですが…。

 

そういや僕の親戚宅の近くである大分の中村病院でも、高齢女性ドライバー(76)による車突入事故がありましたね。

おかげで大分ではそれ以来、「中村病院に突っ込んだババアじゃねえんだから!」という笑えない冗談がよく交わされたとか…。

 

「痛い」「エンジン切れ!」 車突入、病院内騒然:朝日新聞デジタル

 

高齢ドライバーの事故を貰うのは防ぎようがない

この吉祥寺の車暴走事故、けが人は7人出たものの、重体者も死者も無しだったのは不幸中の幸いといえましょう。

 

こういった歩行者側のもらい事故って、はっきり言って突発的に起こる自然災害に近く、対策のしようがないから怖い事この上ありません。

青信号で横断歩道を渡っても、歩道を普通に歩いていても、ましてや普通に病院の待合室にいても交通事故は襲ってくる。どうしようもないじゃないですか。

  

ワイの祖父も人身事故で免許返納”させられた”

個人的な話になりますが、今年88歳で亡くなった母方の祖父は、自宅近くのスーパーの駐車場で人身事故を起こし(相手は軽傷)、ワイの両親によってほぼ強制的に免許を返納させられました。

確か6~7年前だったからもう80歳超えてますね。でも吉祥寺の容疑者より年下です。

 

ここでポイントなのが、祖父は免許を返納”した”のではありません。

 

ウチの両親が祖父に対し、ほぼ無理矢理免許返納”させた”のです。

 

事故を起こしても免許返納を渋った祖父

祖父が事故を起こした後処理は、ほとんどがワイの親父が対応。要は身体も気力も弱ってきており、自分で事故の後処理に対応できなかったのです。

親父が母親に「もう運転させちゃだめだな」と提案し、母親も概ね同意。

祖父に対し免許返納を迫りました。

 

しかし、ここで祖父がゴネだしたのです。

 

「運転を取り上げるなんて嫌だ!」「足がないじゃないか!」という主張。

車で10分くらいのところに住んでいる親父が足が必要な際はやると説得するも、なかなか引かない祖父。

 

そう、祖父は5年に1度車を買い替えるクルマ好き。

僕も祖父の運転する車に何度も乗りましたが、ウチの親父より運転が”荒い”

つまりは運転に対し”楽しさ”を見出してるような感じなのです。

国道10号線を気持ちよさそうになかなかのスピードで運転する祖父。「ああ、じいちゃん運転好きなんだな」と、子供だった僕にもなんとなく伝わってはきました。

 

結局その後、祖父が階段から落ちて足を骨折。

両親の説得にようやく足だけでなく心も折れ、免許を返納したのです。

 

高齢ドライバーは事故っても免許返納するとは限らない

以上が亡くなった祖父の事例です。

つまり、高齢ドライバーは事故を起こしても免許返納せずにクルマに乗りたがる人もいるということです。

 

「次はもうやらない」と頭の中ではあるんでしょうね。身体と判断力は追いつかないのに。

ある意味ではポジティブシンキングなのかもしれませんが、そのポジティブシンキングのせいで大事故起こされては話になりません。

 

もしこの事故がなかったら…

両親が強く説得していなかったら…

祖父が足を骨折してなかったら…

 

もしかしたら大分の中村病院に突っ込んでいたのはウチの祖父だったかもしれません。

 

周りの人・自治体の協力が必要。あと自動運転はよ

ウチの場合は両親が近くに住んでいて親父が自営だったから良かったもの、周りに足のアテのない高齢者は多くいらっしゃると思います。

それが高齢ドライバーの免許返納が進まない原因の一つでもあります。

 

そんな高齢者の”足問題”、やはり自治体が免許返納者=タクシー半額以下にするなど、そういうところに税金をつぎ込まないとダメでしょうね。

はっきり言って自己努力で解決できる問題じゃないし。

 

今回の衆院選でそういう訴えしている人、いるかな?

 

あと、自動運転車の実用化ね。

ワイが還暦になるあと30年以内に実用化されるのでしょうかねぇ。。。

 

イケハヤ氏が言っているように、確かに自動運転が発達すればかなりの社会問題は解決できるでしょうね。

 

トヨタ、日産も参入。社会的課題を解決する「自動運転車」というイノベーション : まだ労働で消耗してるの?

 

高齢ドライバー問題、解決には自動運転の実用化しかないでしょうが、いかんせん”すぐ”の話ではないので、まだまだ根深い問題といえそうです。。。

 

スポンサーリンク