新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ、X JAPAN信者。そんな中途半端なダメ人間が必死に足掻いていくブログ。

スポンサーリンク


LUNA SEAのおすすめアルバムは? ファン「MOTHER」ぼく「EDEN」

2017年末、LUNA SEAのニューアルバム「LUV」がいよいよ発売となりました。

これを待ち望んでいたSLAVEどもは、過去作を聴き込んだりしているんじゃないんでしょうか?

 

数あるLUNA SEAのアルバムの中で最高傑作と言われているのは「MOTHER」ですが、僕が一番好きなのは、メンバーも駄作と言い放っている「EDEN」なのです。

 

いやぁ「EDEN」は今聴いても良いですよ。

確かに最高傑作とは思わないけどね。

 

LUNA SEA「LUV」、駄作の臭いがする…

僕は中途半端な人間ですが、LUNA SEAに関しては、「STORM」を聴いて衝撃を受け、初めて買ったアルバムは「SHINE」で、もちろん全てのアルバムを聴き込んでいます。たぶんイントロ聴けば全てすぐ答えられます。

じゃあ新アルバムには胸が高鳴っている…と思いきやそこまででもありません。

 

リードトラックの「Hold your down」でしたっけ?これがまた微妙な曲で…。

なんというか、再結成後の配信限定シングルで出した「promise」をさらにポップにしてしまった感じで、新アルバムに対して不安しか残らない曲でございました。

 

シングルの「limit」も疾走感があるのかないのかよくわからない中途半端な曲で、正直「SHINE」以上の駄作を出して晩節を汚す予感がしています。

 

タイトルも「LUV」とか、河村隆一の270万枚売った迷作アルバム「Love」と被っているのも不安を増長させます。

 

他のSLAVEたちはどう思っているんだろう…?

 

うーん…

www.youtube.com

 

LUNA SEAで一番好きなアルバムは「EDEN」だ

LUNA SEAを人に勧めるならどれか?

そりゃ「MOTHER」っていうSLAVEがほとんどでしょうが、僕があえて勧めたいのは「EDEN」です。

 

「MOTHER」に関しては、音楽レビューブログを運営されている・おんすき (id:yt0719yt)さんが参考になるレビューをされているので、そちらをどうぞ。

www.ongakugasuki.com

 

”ポップな与太郎”な「EDEN」

「EDEN」は3rdアルバムで、メジャーデビューシングルのBelieve、ライブでおなじみのJESUS等が収録されている。

メンバーはこのアルバムの出来に明らかな不満を示しており、当アルバムの楽曲はシングル2曲とJESUS、Providence以外はライブでは披露されることはない。「MOTHER」のライナーノーツでは「EDEN」のことを「ポップな与太郎」と評されたりしていた。

 

つまり、超ポップアルバムなのである。

ただ、SHINEみたいにJPOP感のポップなのではなく、ダークで耽美的なポップなのですよ。ゴシックポップって感じ?

 

そしてそのポップさは良い意味でも悪い意味でも振り切っています。ここまでポップにしちゃっていいんすか??って感じ。

「STYLE」が好きな人は、「EDEN」は絶対嫌いでしょうねぇ。。。(僕はSTYLEあんまり好きじゃない…)

 

「EDEN」は聴き心地を楽しむアルバムだ

このアルバム、全体的にハイが強調されていて、それも重厚感を失くしている原因なのだろう。

でも、この音作りはLUNA SEAの全アルバムの中で一番好きだったりします。

 

確かに重厚感はないよ。音も薄いっちゃ薄い。弦楽器の歪みも抑えめ。

しかし、真矢のスネアのヌケの良さはこの「EDEN」が一番ですよ。絶対。

 

あと世界観ね。不思議な世界観。他ではなかなか味わえない世界観。異質感。

これらが「EDEN」にはあるんですよ。この不思議感の強い音が!

 

 

「EDEN」は曲を楽しむというよりも、聴き心地を楽しむアルバムなのかもしれません。

他のアルバムとは明らかに異質な存在です。

まあ、メンバーにそんな意図はなかったでしょうが…。

 

LUNA SEA史上最ポップで好きな曲。不思議な感覚を味わえる音

www.youtube.com

 

でも、やっぱり初心者は「MOTHER」聴くのが良いと思うよ。

でもやっぱり「MOTHER」が最高傑作ですよ。それは僕も思います。

「MOTHER」聴いて糞だと思ったら、もうLUNA SEAは合わないということです。

 

ま、今はベストもたくさん出てますので、それ聴くのもいいかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク