新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、内向型、視覚優位者、ドケチ、X JAPAN信者。中途半端で生きづらさを感じているカボスチャンによる雑多なブログ

【競馬】有馬記念 2017 全頭個人的コメント

スポンサーリンク

エリザベス女王杯からずっと競馬ネタは封印していました。

なぜなら、秋G1で全く当たりがなかったからです。

 

秋のデムーロ祭り(ワイは京都ハービンジャー祭りだと思っているけど)についていけず、糞予想を連発。

 

そして当ブログで競馬ネタを封印したら、JCでは◎シュヴァルグランで見事的中!

阪神JFも◎マウレアで及第点の予想(戸崎の糞騎乗がなければ勝っていた)。

 

ブログ予想をやめてから調子は上向いてしまいました。

 

しかし、有馬記念は話は別。

 

当ブログの全頭個人的コメント、適当に復活させていただきます。

 

 

有馬記念2017 中途半端男の個人的全頭分析

1番 ヤマカツエース   池添

去年は内から良い脚を使い4着。

当然今年も勝負になると思うが、何故JC出した。

その辺が3流馬主+3流厩舎の考えの浅さなのだ。社台ノーザンなら絶対JCはパスしただろう。

ローテが気に入らないが紐まで。

 

2番 キタサンブラック  武豊

今年買えるのは秋天のみと決めていた(外したけど)

基本的に、有馬の引退レースは3冠馬レベルの馬でないと勝てない。

なぜなら目一杯仕上げないから。ディープやオルフェーヴルは8割でも勝てるくらいの力を持っていたから勝てたのだ。

キタサンが強いのは百も承知だが、ピークはやはり去年冬~今年春。8割で勝てるとは思えん。

あと、北島三郎のこのインタビュー記事が気になる。

 

最後は無事にゴールに帰ってこれればいいかなと。何着というのは関係ない。ビリでも、みんな拍手して迎えてくれるんじゃないかなと。

 

キタサンブラックは、このレース後社台SSにて種牡馬入り。

さて、無理させるだろうかね?

清水調教師は「目一杯仕上げた」とか言っているけど、信じて良いのかな?切り。

 

3番 クイーンズリング  ルメール

ルメール騎乗は気になるけど…エリ女が明らかに目標だったでしょこの馬。

さすがに…切り。

 

4番 ブレスジャーニー  三浦

 

こんな感じで、三浦に期待しているが、府中専用機タニノギムレットの血を持って中山2500は…。

3歳は強いし、三浦の騎乗に期待して紐まで。ぶっちゃけ4,5着くらいで「三浦頑張ったな!」と言われる感じになると思う。来年は馬質上がるように頑張れ。

 

5番 トーセンビクトリー 田辺

トゥザ一族の有馬適性を買って出したのかな?

ただね、他のトゥザ一族と比較すると実力が大分落ちてしまうよなぁ…。

どんなに上手く乗ったとしても無理だろう。切り。

 

6番 サトノクロニクル  戸崎圭

もはやG1どころか平場でも買えなくなっている鞍上。

来年の馬質低下は免れない状況。こいつじゃなくて三浦や田辺や石川にどんどん強い馬回して欲しいよ。

ここはクラウンのラビット的存在で、サトノとの関係を繋ごうという作戦かな?去年のシュミノーくらいのことするかもな。よって切り。

 

7番 シャケトラ     福永

ずーーーーーーーーっと言っているけど、こいつはマイラーだと思う。日経賞勝ったけど、マイラーだ。

買うなら来年の安田記念だ。覚えておきな。切り。

 

8番 レインボーライン  岩田

中山2500+ステイゴールド産駒=好走。

それだけで切ってはいけないんです。わかりますね。

頭は厳しいだろうけど、オーシャンブルーだって2着に来ているんですよ。紐まで。

 

9番 サクラアンプルール 蛯名

JCパスのローテから穴人気しそうだけど…無理やな。マツリダゴッホはできない。

札幌記念だって、ナリタハリケーンまで差してクビ差まで来るレース。

力関係が分かりやすいのが今年の大阪杯。全く勝負になっていない。

力が足りないだろう。純粋に。切り。

 

10番 シュヴァルグラン  ボウマン

「JCは全てがうまくいった」とか言われて、いろんなとこで危険な人気馬扱いされているけど…切れないよこの馬は。

去年だって福永が足りない技術で早めに動き、差のない6着。この舞台に適性がないわけではない。

馬も去年よりパワーアップ、鞍上も去年よりパワーアップ。

普通に勝ったっておかしくはないんだよ。本命にはしないけど。頭まで。

 

11番 ルージュバック   北村宏

あれ、引退じゃなかったんですか?切り。

 

12番 サトノクラウン   ムーア

本命候補。

実は一番の狙いは有馬だったのではないかと思っている。

秋天は明らかに適性がないが、不良馬場適性+神ミルコの鬼追いだけで2着。

JCは…明らかにやる気なし仕上げで惨敗。

 

今回、ムーアさんは非常にヤリの姿勢で臨むであろう。

じゃなかったら、いちいちJCで騎乗することのないこの馬にJC前追いきりで乗らないでしょうよ。

陣営だって、世界のトップジョッキーがそこまで気にかけている馬に対して、クソみたいな仕上げで乗っていただくわけにはいかないだろう。今回は当然ガチ仕上げだ。

 

むしろ、ハイランドリールに勝つような馬が、完全適正外の府中でなく、得意の非根幹距離でこのオッズで買えることなんてもうないのでは?

だからサトノダイヤモンドは有馬を自重したのだ。サトノクラウンが勝っちゃうだろうから。

 

来年サトノクラウンは海外専念するだろう。

そしてサトノダイヤモンドは国内専念。

 

当レースは後のクイーンエリザベス馬の国内最後のG1奪取の舞台になるに違いない。頭まで。

 

13番 ミッキークイーン  浜中

エリ女は驚いた。まだこんな脚が使えたのかと。

去年の競馬っぷりからこの舞台も悪くない。

どうせ中山不得意+制裁恐怖症の浜中は後方一気に賭けるだろうし、本命にしちゃいけない馬だけど、2着までなら十分あるぞ。紐まで。

 

14番 スワーヴリチャード M・デムーロ

秋は大活躍のミルコさん。

確かにすごい活躍だった。

しかし、騎手の確変期間は存在する。2007年安藤勝然り2011年池添然り…。

あと、神っていたのはミルコよりも、京都G1におけるハービンジャー産駒だったのではないかと思う。

 

秋華賞 1着・ディアドラ(ルメール)、3着・モズカッチャン(M・デムーロ)

エリ女 1着・モズカッチャン(M・デムーロ)

マイルCS 1着・ペルシアンナイト(M・デムーロ)

 

確かにレッドファルクスやキセキも持ってきたが、それは1番人気馬。

要はモズカッチャンやペルシアンナイトまで持ってきちゃったからミルコは過剰に神扱いされているのだ。

この2頭に共通しているのはハービンジャー産駒。これ、偶然だろうか?

 

ま、ミルコがG1で強いのは言うまでもない話なので、それがどうしたと言われても仕方ないのですが、「ミルコだって何でも持ってこれるわけじゃないぞ」とだけは言っておく。

 

馬自体は、まあ足りると思うけど、枠がここじゃなぁ…。

正直、走ってみないとわからないというレベル。上位3頭に匹敵するレベルなのかは微妙なところ。

ま、本命にはできない。紐まで

 

15番 カレンミロティック 川田

ふつうに考えりゃ無理だけど、皆忘れている話題が一つ。

元SMAP3人の新事務所の名前は「カレン」だ。そんなサインがあったりしてね。

 

16番 サウンズオブアース C・デムーロ

もう終わった馬。残念ですが、OP特別も勝てないかも。切り。

 

予想印

◎サトノクラウン

◯シュヴァルグラン

▲スワーヴリチャード

△ヤマカツエース

△レインボーライン

△ブレスジャーニー

△カレンミロティック

 

 

ちなみに、阪神Cはモズアスコットで固い‥と思います。

だから買わね。

 

 

有馬記念回顧記事はこちら! 

www.chutohanpamansion.net