新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ、X JAPAN信者。そんな中途半端なダメ人間が必死に足掻いていくブログ。

スポンサーリンク


【中学校給食食べ残し】中学生に冷めたまずい飯を食わせる「食育」という理想論

f:id:tyutohanpamansion:20170915041341p:plain

 

こんなニュースが話題になっております。

 

www.yomiuri.co.jp 

※こっちは動画あり

news.biglobe.ne.jp 

www.nemo841.com

 

僕は中学校時代弁当だったので、小学校の給食しか知りません。

しかし、「照り焼きハンバーグ」が出た日に55%のお残し率というのは”異常”としか言いようがないのでは。

残すほどまずいハンバーグって何なのよ?

 

「美味しくない」だけでここまで残すものなのでしょうか?

  

※どうでもいいけど大磯町のシンボルマークってち○こに似てますね

 

「まずい」給食、食べ残し続出の理由

上記の動画からの参照ですがまとめます。

 

衛生上の理由で19℃以下での運搬→冷たい給食弁当

給食といえば、学校内で給食のおばさんが大きい鍋をかき混ぜているイメージですが、この大磯町の給食はそうではありません。

綾瀬市の給食調理業者が、自治体からの依頼を受けて、大磯町の中学校へ給食という名の仕出し弁当を運搬しています。

 

しかし、衛生上の理由で19℃以下にしなくてはならないため、ルーや肉の脂は固まり、味は当然落ちます。

コンビニ弁当のように添加物なんて一切使用していないでしょうから、冷たいまま美味しく保つということができないのです。

 

中学生からは「冷たい」との批判が。

そりゃ食う気なくすよ。当たり前だ。

 

凄く美味しい国産牛を使ったカルビ炒めが冷たいまんま出てきたって、食欲なんてそそらんだろう?

それじゃ美味くはなくても温かいまま出てきた昔の給食の方がマシだったんじゃないか?

 

正直、これが一番の原因でしょ。

 

味が薄い

「食育」という下らないスローガンを掲げた理想主義者たちは、その給食調理業者に味などを細かく指導していたようです。

まあその辺は仕方ないことでしょうね。ある意味給食の歴史を象徴している。

 

ただね、それならなんで”白飯”が残されているのさ?

きっと痩せたい女子生徒が糖質制限するために残したんでしょうけど。

 

味が薄いくらいなら、腹の減ってる男子中学生なら構わず食べると思いますがねぇ…。

おかず食わなくても白飯くらい食うだろう。

 

周りとの兼ね合い

クラスのリア充的存在が「これまずい!」となると、周りを気にしがちの中学生は同調して食べなくなってしまったのではないかという意見も。

 

おい、中学生側に責任なすりつけてんじゃねえよ。

 

どちらにしろお残し率55%は異常です。

お残しの原因はまずい・冷たいです。

 

残しちゃダメという感覚がない

これは昭和生まれの人間全員が理解できない感覚なんでしょうが、今の小中学生は他人が作った物を全部食べるという感覚がほとんどないのでしょう。

 

「どうしてもトマトだけは無理!」とかいうのではありません。

どうしても食べられない食材がある場合ならそれは仕方ないと思います。むしろそれを食べるよう強要したり晒し者にするのは”悪”です。

 

しかし、「苦手だから」というより「まずいから」という理由で食べないという今の中学生の感覚に、どうしても違和感を覚えてしまいます。

 

ただ、それは彼らが悪いのではありません。

現在そういう風潮を作り上げた大人の責任でしょう。

 

本当に理想的な「食育」がしたいのであれば、そういう「出たものはなるべく残さず食べよう」という考え方も教えるべきなのでは? 理想主義者の皆様。

 

何度も言いますが、中学生側に責任はありません。

 

結局のところ…

 

原因→刑務所以下の冷めた飯+まずい

 

中学生どころか服役囚も残すんじゃないでしょうか?

 

最低限の美味さのない「食育」

今日本が行っている食育って、結局「味の薄いものが良い」「野菜は身体に良い」とか、昔から言われてきたことを今の学生に押し付ける、もはや”洗脳”に近いんですよ。

 

第一、メニュー見てて思ったけど、白飯+おかずにパスタが付いていた。

その時点で人によっては、「本当に栄養の事考えているのか?」となってしまいますよね。

 

栄養学だって、「炭水化物は良くない!」とか「炭水化物はたくさん食え!」とか、みなさん言っていることバラバラじゃないですか。

一体何を信じたら良いのやらです。

 

そんな状況下で、栄養学の知識もない、家で焼酎ばかり飲んで不摂生な食事ばかり取っていそうな自治体の連中が理想的な「食育」をしようなんて無理な話なんですよ。

 

結局、大磯町で「食育」の理想を押し通そうとしてこのザマ。

まず「食育」なんてものは、”最低限の美味しさ”がなければ何も始まらないのではないのでしょうか

 

「食育」は人によってやるべきことが違うはずだ

食育って、人によって全く違うものになってくると思うんですよね。

 

アレルギーのある人、たくさん食べる人、小食の人、野菜がだめな人、肉がだめな人、スポーツをやる人、インドアな人、人それぞれなんです。

 

何でも食べる子、偏食が極端に多い子で、やるべき食育は変わってくるはずです。

 

最近では、「発達障害の子→偏食」という情報もメディアで発信され、極度の偏食がある子が少しは生きやすくなってきており、今後もその動きは注視したいです。

 

なんでそう思うかと言いますと、僕がとんでもないレベルの偏食家だからです。

 

食育の失敗作・中途半端男

発達障害のせいか知りませんが、僕には明らかな味覚過敏があり、偏食が極端にひどく、幼少期は野菜・果物一切受け付けませんでした。

 

もし食育というものが本当に効果があるのであれば、僕の好き嫌いは現在治っているはずなのですが、今だに果物は全てダメ、多くの野菜もダメという惨状(葉っぱ系の野菜は普通に食えるようになった)

 

「食わず嫌いなんだろ」と思われるかもしれませんが、果物とか食ったらすぐ吐きます。今だに。アラサー男のくせに。

 

特にバナナは最悪。以前サンマルクカフェのバナナチョコクロを誤って食べた際は、すぐにトイレに駆け込みリバース。その後全身倦怠感で寝込むという始末です。

 

小学校の給食では、その偏食のせいで、小2にして完全に心が壊れてしまったこともありましたが、その話はまた後日にしっかりお話しします。。。

  

当時の事はチラッとここでも書きました 

www.chutohanpamansion.net

 

 

※ 追記

食べ残しの給食に異物混入があったとか…

 

headlines.yahoo.co.jp

 

100回っておかしいでしょこれ。

これは給食調理業者の責任が大きいのか…?

 

そして他の学校でも異物混入が。。。

 

news.livedoor.com

 

やはり業者の問題でしょうか。

コストカットの嵐で衛生問題が蔑ろになってしまったとするならば悲しいことです。

 

何が「食育」だよ。

 

スポンサーリンク