新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ。そんな中途半端男が人生を好転させるため前向きに生きようと足掻くブログ

スポンサーリンク


【かほく市ママ課】「独身税提案」に怒っている人達、ヒマだね【ブルガリア】

 f:id:tyutohanpamansion:20170906041301j:plain

 

僕は31歳独身。

 

結婚はする気もなければ今後できそうもない。

既にこの歳で一人で孤独に土に還ることを覚悟しております。

 

仕事と趣味ですら両立が難しいにも関わらず、仕事と家庭なんて両立できるはずがありません。

自分でも結婚不適合者ということは自覚しています。

 

ですが、結婚はガチでしたいわけじゃないけど、「独りぼっちは、寂しいもんな」という気持ちはあります。

そんな寂しい僕ら独身者に、追い打ちを書けるようなパワーワードがネット上で話題になっています。

 

 そう、「独身税」というものです。

 

僕は結婚不適合者であることを語った記事

www.chutohanpamansion.net

 

 かほく市ママ課による「独身税提案」による炎上

この独身税炎上騒動の経緯をまとめてみましょう

 

石川県かほく市が運営するプロジェクト「ママ課」。課のメンバーである女性7人が、財務省主計官との懇親会に出席

   ↓

そのなかでメンバーが、「結婚をして子供を持つと生活水準が下がる。その分を独身者に負担をお願いできないか」と独身税創設の可能性について質問

   ↓

主計官は独身税の議論があることを認めたが、「進んでいない」と発言

   ↓

石川県の地元紙「北國新聞」でその模様が記事に

   ↓

ネットを中心に炎上

   ↓

ママ課、「独身税提案」を否定

    ↓

かほく市ママ課、HP・facebookを削除

    ↓

現在に至る

参照:ネタりかHUFFPOST

 

たかが地方の新聞に掲載された記事が、こんなにも炎上するもんなんですね。

ネット社会怖い。

 

気持ちは分からんでもない

 

主婦って大変だと思いますけどねぇ。

昔から育児ノイローゼという言葉があるように、子育ては鬱になっても過労でも、会社と違いそれを絶対に投げ出すわけにはいかないし、どんな状況でも子供を優先しなければならない。

 

イクメンという言葉も出てきたが、そんなつるの剛士みたいなことしている父親の方が少数派。

結局は子育て=主婦の仕事という社会の認識です。

 

そういった人たちが、「独身者はなんて気楽なんだ」と思っても仕方のないことだし、「独身者の負担を重くしろコノヤロー!」と、日々の不満を溜め込んでそう思うのも無理はありません。

 

子供はどこの国でもですから、その宝を育てている人の方が”偉い”と言われたら、僕のような子供を育てた経験もない独身者は返す言葉がありません。

 

独身者より”偉い”と思っている子持ちの方、結構いるのではないでしょうか。もちろん全員なわけないでしょうけど。

まあ僕みたいな穀潰しより偉いのは間違いありませんがね。

 

過去に独身税を実施した国、ブルガリア

samurainokokoro.com

ameblo.jp

 

「独身税」って、子持ち家庭の社会保障の充実+出生率の増加が目的ですよね?

でも、過去長期間それを実施したブルガリア、出生率は導入前2.18 %から 廃案直前1.86%に下がってしまいました。

 

若者の税負担が増え、結局結婚資金がなく結婚できず、出生率も下がるという悪循環。

 

結局現在では廃案。

独身税を現在も採用している国はありません(僕が知らないだけでもしあれば教えてください)

 

そう簡単にゃ事は進まないんですって。

 

本当に「独身税」に効果があるなら、先進国はどこも採用してるでしょうよ。

 

 

主計官が行政の素人たちにきちんと説明すべきだった

問題があるとすれば、その意見交換会で財務省・阿久澤主計官が発言した「確かに独身税の議論はあるが、進んでいない」という発言でしょう。

 

それを一語一句ガチで言ったのであれば、「国レベルで独身税導入を前向きに捉えている」という意味合いになってしまいますので、そうなってしまうとそりゃ炎上も仕方ないですよ。

ただでさえメリットの薄い独身税を国が導入しようとしているということになってしまうのですから。それなら炎上しても理解できます。

 

ただ、結局「独身税」を提案したのは、かほく市ママ課の有志で集まった、大した了見のあるわけでもない政治の素人たち。

主計官は、「なぜ独身税は導入されないのか」という説明をママ課の人間にきちんとスべきでしたね。

そしたらこんなアホくさい炎上騒ぎも起こらなかったのでは?

 

ネット上では「ママ課の人間はアホ!」とか、「独身税云々~」だの、「独身税提案」に過剰反応し、さぞ自分が偉いかのような中傷を繰り返しているバカがたくさんいます。

おかげでママ課のHPも閉鎖することに。きっと「ママ課」プロジェクトも解体でしょう。

 

なんで行政もなんも分かっていない素人が「独身税ってどうなん?」と言ったくらいで炎上が起こってしまうのでしょうか。

単なる疑問を言っただけではないか。

独身の僕らから考えたら、子育てをしている時点で「凄いなぁ…」と思ってしまいます。

 

今回の「独身税提案」騒動に大した意味なんてない。

そんなの「アホな事言っているなぁ」と聞き流せばいいだけの話じゃないですか。

 

もし「独身税」実施されたら… 個人的見解

1.無理に結婚して子供を作る家庭増える→愛情ないので家庭崩壊→結局子供の不幸は増える

 

2.「独身者」の自己肯定感が更に欠如→婚活どころか仕事すらできず→若者・中年独身者の自殺の膨大な増加

 

3.独身者、「俺たちは既婚者より税金多く払ってるんだ!何が悪い!」と居直る→結局結婚しない。絶対タバコをやめようとしない喫煙者のように。

 

 

 

僕は2.と思いきや案外1.に走るかもしれないなぁ…。

将来的に結婚してみたい…。

 

魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

 

 

 

スポンサーリンク