新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ。そんな中途半端男が人生を好転させるため前向きに生きようと足掻くブログ

スポンサーリンク


【本日の一曲1】松田聖子「白いパラソル」

早番だし、アイデアはない。

もうどうでもいいや、ブログなんて閉鎖じゃー!と思って更新を諦めようとしていました。

 

でもちょっともったいない。

 

こういった時間のない日、眠い日、そのようなマトモに記事を書くことが不可能な日だってあります。

「睡眠時間を削ればいいだろ!」とおっしゃられても、僕はADHD故に睡眠効率が極めて悪く、8時間くらい寝ないと話にならない。てか今日は6時間も寝れん(書いてる現在AM3:40)

でも、どっかの大学生のブログみたいに2~300文字チョロっと何かのMEMOのような中身皆無な文章を載せるのもアホらしい。

 

そこで、そういう日は、「本日の一曲」として、中途半端男が好きな曲を皆さんに紹介でもしていこうと思います。

 

ちゃんとした記事は明後日明々後日が連休なのでそこで書き溜めます。。。

 

松田聖子「白いパラソル」

記念すべき第1回目は松田聖子

  

1980~1985年までの松田聖子の楽曲は本当に素晴らしい。

聖子の天才的とも言える素晴らしい歌声はもちろん、ユーミン、財津和夫、はっぴいえんどの面々と、80年代歌謡曲の全てを凝縮した制作陣。

アイドル時代の聖子の楽曲群は、まさに夢の世界といえました。

 

そんな松田聖子の曲で、僕が一番好きなのがこの曲。

 

www.youtube.com

 

1981年の曲で、作曲 財津和夫、作詞 松本隆

はっぴいえんどの松本隆が聖子曲の初作詞。以後、ほとんどの曲を松本隆が作詞することとなります。

 

本当に素晴らしい一曲。

メロディ、歌、歌詞、全てが一級品。

 

この白いパラソル以後聖子は喉を壊し、歌声がデビュー当時(裸足の季節)からの張り上げるタイプの歌声から、 可愛らしい”キャンディボイス”と呼ばれるような歌声へと変化します。

次の「風立ちぬ」は、聖子自身も歌い方に迷いのあったようなどっちつかずな歌い方でしたが、その次の「赤いスイートピー」では完全に”キャンディボイス”へと変化しています。

もしよければ聴き比べてみることをおすすめします。

 

結婚前までの聖子曲は、Amazonプライムミュージックにて全て聴くことができます。

この曲は、「風立ちぬ」というアルバムに収録されているので、ぜひ聴いてみて下さい。

 

 

 

Amazonプライム会員になって、amazon prime musicを楽しみましょう! 

 

スポンサーリンク