新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ、X JAPAN信者。そんな中途半端なダメ人間が必死に足掻いていくブログ。

スポンサーリンク


たぶん今月でブログ閉鎖になります。人には向き不向きがあるのです。

f:id:tyutohanpamansion:20170807045741j:plain

 

先日の記事にてとんでもないことを宣言してしまった。

 

www.chutohanpamansion.net

 

8月の目標

PV10000

読者数100人

 

これは絶対条件。甘えは認めない。

これ達成できなかったら、即ブログ閉鎖します。

はてなproも解約します。そして二度とブログはやりません。

 

あの時の僕は酔っ払っていたのでしょう。。。

 

読んでいただいた皆様ありがとうございました

今月のPVはまだ1000行っていません。

読者100人はともかく、10000PVはまず無理でしょう。

 

というわけで、おそらくあと3週間ちょっとでブログ閉鎖になるでしょう。

跡地すら残しません。完全に消し去りたいと思います。

 

今まで読んでいただいた皆様ありがとうございました。

 

何故10000PV行かなければ閉鎖しようと思ったのか

理由は単純です。

全く成長しないブログに労力を割くのは無駄だと思ったからです。

 

ブログに熱中できないことがそもそもの問題

はっきり言って僕がブログをやっている根底の理由は、アクセスアップ→収益・名声・賞賛、と自己顕示欲のためだけにやっています。そう、僕は自己顕示欲の塊なのです。

「別に人来なくてもいいや-、書きたいこと書いて細々とやっていこう」なんて気は毛頭ありません。それなら何もしない方がマシです。

 

リニューアル前を含めればブログ歴は約1年。

途中4ヶ月の長期休養を挟んだとしても、PVも増えなければ収益も増えない。そしてモチベーションもあがらない。ここまで自分を追い込んでいるはずなのに、書ける記事はこんなゴミのような記事のみ。

 

本当にやる気があれば、寝食削ってでもやる気になれると思うんですよ。

でも、ブログよりも食欲・睡眠欲が40馬身差突き放している。更にはブログ熱は性欲にも劣っている。

ナポレオン・ヒルではないですが、「性エネルギーの転換」をブログに向けようと思ったのですが、結局はてなブログトップで「記事を書く」をクリックする前に、tube8を見てしまう。

そんなもんなんですよ。僕のブログ熱は。あんな大言壮語しといて。

やはり閉鎖した方がいいのかもしれませんね。

 

文章化することに向いていない

頭の中ではアイデアは色々あるのですよ。

でも、上手く文章化できないのです。皆さんに上手く伝えられないのです。

要は、ブログに向いていないのです。

おそらく僕の人生はあと40年(80歳まで生きれるとは最初から頭にない)。

そんな向いていないことに時間を割いてどうしようというのでしょうか。

 

向き不向きの問題

結局、人には向き不向きがあります。

不向きでも、「それが死ぬほど好き!」といえるくらいの情熱があれば話は別ですが、文章を書くことにそこまで情熱を燃やすことはできません。

好きじゃない不向きな事に労力を割いている暇はないのです。

 

「お前にはそもそも向いていることなんかあるのか?」と問われたら、今の所見つかっていません。

そもそも、僕はこの世界で生きることに向いていないので、その中で向いていることを見つけるほうが無理ゲーなのです。

おそらく、向いていることを見つける前に、色々後悔したまま人生を終えるのでしょう。

僕はきっと結婚できませんので、部屋で孤独死し、1ヶ月後に腐乱死体で発見されるのがお似合いですね。

 

ブログ継続も閉鎖も運命次第

ああ、こんな事書いてしまってはもう読者なんか増えないな。

でも、来月にはもうこのブログは相当な確率で消えているのだからどうでもいいや。

 

…とはいっても、やはりやめたくないというのも本音っちゃ本音。10000PVを目指すために最後まで足掻こうとは思っています。

なので、今月がターニングポイントになるのでしょう。

 

PV10000行かなかったら、「中途半端男はブログに向いていない」という神の思し召しなのです。

もしPV10000をクリアできたら、「勿体無いからもうちょい続けない?」という思し召し。

 

どっちの結果になるかは分かりませんが、どちらの結果になっても、それはそれで受け止めて、その結果に沿った次の道につながるような行動を取りたいと思います。

 

本当に閉鎖させてしまいたいのなら、金輪際更新しないかもしれませんがね。。。

でも、それも運命なのです。

 

 

↓ 当記事の追記記事 

www.chutohanpamansion.net

 

スポンサーリンク