新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ、X JAPAN信者。そんな中途半端なダメ人間が必死に足掻いていくブログ。

スポンサーリンク


【創刊号】復刻版週刊少年ジャンプを読んだ感想(前編)【653万部】

先週のことです。

 

友人と軽く飲んだ後、ポケモンGOイベント期間のため隣駅から自宅まで徒歩移動で帰宅中、「セブンのサンドイッチ食いてえ」と炭水化物を欲した炭水化物依存症の僕。そのままセブンイレブンに入店。

ついでにマガジンでも立ち読みしようかと、本売り場へ。

そしたら、久々に僕の購買欲を刺激したものが。

 

f:id:tyutohanpamansion:20170804231743j:plain

 

ケチ故にめったに衝動買いをしない僕が、久々の衝動買いをしてしまいました。

創刊号+653万部号の2冊で税込900円。ぼったくりっちゃぼったくりですが、それでも買ってしまった。

 

中途半端男と少年ジャンプ

僕が少年ジャンプを買い始めたのは、1998年の6号から。

当時小6。友人宅で世紀末リーダー伝たけし!を読んでゲラゲラ笑ったのがきっかけ。それまではコロコロ読んでました。

  

当時はDRAGON BALLSLAM DUNKの終了後、るろうに剣心が看板を背負っており、マガジンに発行部数を抜かれていたジャンプ暗黒時代と呼ばれていた頃である。

しかし、ワンピースが連載半年足らずで、尾田の師匠である和月のるろ剣を抜き看板化し、この号の直後にROOKIESHUNTERXHUNTERといった強力連載がスタート。

その約一年後には、NARUTO、テニスの王子様、ヒカルの碁といったジャンプ史に残る連載もスタート。

いわば暗黒期から復活期へと向かう過度期から読み始めました。

 

コロコロ→ジャンプへ移る時、なんだか大人になったような気がしたのを覚えています。I'sでおっぱい出てたしね。

なので、当時連載していたたけしテンテンくんは、コロコロ読者をジャンプに向かわせる意味では、売上以上に非常に価値の高かった作品なのではないかと思います。 

 

ちなみにこの号のONE PIECEは、ONE PIECE唯一(?)の一話完結回である箱男ガイモン回。今ONE PIECEなんて全然読んでないけど、この話は今でも印象に残っています。

 

f:id:tyutohanpamansion:20170804233722p:plain

 

週刊少年ジャンプ創刊号のラインナップ

創刊号は8作品のみ。本宮ひろ志の男一匹ガキ大将すらない。

ほとんど読み切りで、連載なのはくじら大吾・父の魂のみ(ハレンチ学園はその後連載化)

 

くじら大吾:梅本さちお

大柄でスポーツ万能な中学生の話。

「黒ん坊」とか平気で使われているのに時代を感じる。

この期待の大型新人作者は結局ジャンプでは大成出来ず、後にアパッチ野球軍の作画でヒットを飛ばす。

f:id:tyutohanpamansion:20170805014856j:plain

大あばれアパッチくん:赤塚不二夫

脱獄囚が大あばれするギャグ漫画。

ぶっちゃけ相当な時代を感じます。。。

f:id:tyutohanpamansion:20170805014425j:plain

左端の印刷がズレていても気にしない緩やかな時代。。。

地獄剣:高野よしてる

盲目の少年剣士が主役の時代劇。

てか絵古すぎ+印刷悪過ぎで、これでもかというくらい読みづらい。。。

f:id:tyutohanpamansion:20170805014535j:plain

読みづらいなぁ。。。

父の魂:貝塚ひろし

巨人軍びいきの野球漫画。当時は大正義巨人軍ですねぇ。

川上哲治がまだ選手です。

終わりで死んだ波原という男の妹が交通事故で死ぬ。

残されたその子供がON全盛期の巨人に入団するんだろうな…というバレバレの展開。

この漫画だけは続き読みたいと思った。

f:id:tyutohanpamansion:20170805014847j:plain

ハレンチ学園:永井豪

ご存知有名作品。

後に大人気作品となる漫画なだけに、さすが読みやすい。後述するトキワ荘絵というのもあるだろう。

女の子が今見ても可愛く映る。他の漫画が…ね。

f:id:tyutohanpamansion:20170805014907j:plain

ドル野郎:望月三起也

第二次世界大戦時のヨーロッパ戦線を描いた作品。

友人を救うために戦場でもお金を稼ごうとする男の活躍を描く。

 

フラッシュ・ゴードン:ダン・バリー

古い外国漫画を日本語訳で掲載したもの。

当時は漫画でもアメリカ様に負けていた事がわかる。逆に言えば、アメリカンコミックは当時からほとんど進化していない(と思う)

 

手:楳図かずお

血しぶきブッシャーのホラー時代劇。

楳図かずおの絵って、ここまで劇画調でしたっけ…?

でも、恐怖に引きつる顔とかちゃんと楳図かずおしています。

f:id:tyutohanpamansion:20170805014939j:plain

創刊号全体の感想

創刊号故にしょうがないかもしれないですけど、やっぱそれほど面白くはないです。

まあ50年前の漫画は一部を除きどれもこれもそうかもしれませんがね。

 

実際、後に連載される男一匹ガキ大将ハレンチ学園のヒットがなければ、2年位で消滅していたかもしれないくらいのラインナップ(創刊号で看板扱いだったくじら大吾はあまり人気なかったのかまあまあすぐ終わった)

それくらいの層の薄さです。

 

当時はサンデー・マガジンの完全なる2強時代。

サンデーは大正義藤子不二雄(オバQ→パーマン→21エモン)。マガジンはあしたのジョー、巨人の星とスポ根漫画が大当たりしていた時代。

逆に言えば、引っ張りだこだった売れっ子に頼らず、本宮ひろ志永井豪を育て上げた育成力。これがジャンプが大成長を遂げた大きな要因だったのでしょう。

 

50年前の漫画の絵は3パターンしかない

創刊号を読んでいて気づきました。

「絵のパターン少ねぇ…」と。

漫画文化の黎明期の時代、当然といっちゃ当然なんですがねぇ。。。

 

トキワ荘絵

創刊号では大あばれアパッチくん(赤塚不二夫本人だし)、ハレンチ学園が該当。

いわゆる、手塚治虫・藤子不二雄・石ノ森章太郎っぽい、「これぞ漫画!」といった感じのデフォルメしたような絵。

多くの世代が手塚・藤子不二雄には触れているはずなので、この絵は今の時代でも抵抗なく読める。

 

スポ根絵

くじら大吾・父の魂・ドル野郎が該当。

巨人の星をイメージしてくれれば良い。てかまんまそんな感じ。

 

劇画絵

地獄剣・手が該当。両方時代劇やん。

当時の楳図かずおも劇画に近い絵である。

この劇画絵はトキワ荘絵以後の、むしろ後発的なブームである。

 

50年前の広告

この復刻版ジャンプ創刊号では、当時の広告も一部再現されています。

古い広告フェチの僕には非常に嬉しい限り。

 

去年生産終了した明治キャラメル

f:id:tyutohanpamansion:20170805014935j:plain

キャラメル20円。これは明治で森永ではない

当時の貨幣価値が分かる貴重な資料。

なお、2016年3月に生産終了した模様。

 

明治クリームキャラメル・ヨーグルトキャラメル製造終了 | 昭和view

 

最近歴史に泥を塗った会社のかき氷機

f:id:tyutohanpamansion:20170805014931j:plain

最近東証2部に降格した会社、かき氷機なんて作ってたんだ…。

右下の「明治100年・東芝の歴史」というのがなんだか泣けます。

「この広告に出てる子供らの子供はすでに成人してるんだろうなぁ…」と思うと胸がじーんときます。

だから古い広告見るのはやめられない。

 

田宮模型のラジコン

f:id:tyutohanpamansion:20170805014937j:plain

まだ「田宮模型」表記なのが時代を感じる。

500円でも当時の子供達には大金で、スネ夫のような奴が買ってもらって、のび太みたいな奴に自慢していたのであろう。

しっかし、当時から今まで国内ラジコンメーカーのトップを走るタミヤってすげえなぁ。。。

 

 

 

以上、復刻版ジャンプ創刊号の感想でした!

653万部号の感想については後半で!

 

 

後半はこちら 

www.chutohanpamansion.net

 

 

 

スポンサーリンク