新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ。そんな中途半端男が人生を好転させるため前向きに生きようと足掻くブログ

スポンサーリンク


新宿JAM閉店でロックバンド受難の時代が長引く悪寒

数日前、音楽とは何の関係もない仕事を終え、ミッシェルガンエレファントを聴きながら電車を待つ。

ふとスマートフォンでヤフーニュースアプリを開いた。そしたら衝撃的なニュースが目に飛び込んできた。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

当時の思い出と共に、ふと思いました。

ああ、ロックはもうダメかもしれないと。

 

新宿JAMに月一で出演していた中途半端男

大学時代、僕はバンドでドラムを叩いていました。

サークルから派生したバンドでしたが、コピバンではなく、オリジナル曲をやっていました。

そのバンドで初めて出演したライブハウスが新宿JAMでした。

なぜ新宿JAMを選んだかというと、当時のバンドがミッシェルガンエレファントに大いに影響されていたことと、ノルマが非常に安いという理由からです(2,000円×8だったかなぁ)

当時貧乏大学生だった僕らには、このノルマの安さは非常に魅力的で、月イチで出てもカツカツにならずに済みました。

 

ロックバンドを温かく見守ってくれるライブハウスだった

当時の僕らは勢いこそあれど、演奏も歌もヘタクソで(特にドラム)、とてもライブハウスのレギュラーで出れる実力は無かったのですが、そんな僕らでもありがたく見守って頂けました。

店長の石塚さんは、ライブ後のヘタクソ野郎どもに親身になってアドバイスをくれたり、各バンドのMCでサクラのごとく大笑いするなど、本当に良くしていただけました。

今思い出しても懐かしさでいっぱいです。

 

 

老舗ライブハウスの度重なる閉店で行き詰まるロックバンドたち

今回の新宿JAMだけではなく、最近様々なライブハウスが閉店しています。

 

・渋谷屋根裏

・渋谷AX

・下北沢CAVEBE

・下北沢屋根裏(ここも2回出たことある)

・難波ロケッツ(ラルクが拠点としていた)

 

特に、硬派なロック中心のライブハウスの閉店が多いです

アマチュアロックバンドがライブをする場はどんどん減っている印象です。

フェスなどは増えていますが、弱小ロックバンドはフェスなんて金積んでも出れない。だからフェス出演者の年齢層は右肩上がり。

 

しかし、代わりにイベントスペースができてきている印象です。

今年の3月に閉店した下北沢CAVEBEの跡地にはイベントスペースができるみたいです。

 

やはり、この10年間でロックに代わり、電子音楽・アイドルが完全にシーンを斡旋してしまったからなんでしょう。

しかも今はスマホ・タブレット時代。iPadひとつで作曲ができる時代です。

加えて音楽はyoutubeで聴く時代。今の若い子はロックをじっくり聴くことなんてないのでしょう。

 

アメリカ:ジャズ→ロック→エレクトロ

アメリカにおいて、1950年代はジャズ中心の音楽シーン。しかし、プレスリー・ビートルズ・ストーンズの出現で、完全にシーンが変わり、そこから先は長期間のロック中心の音楽シーンが続きました(プログレもメタルもヘヴィロックもロックの範疇内)

もちろんジャズも一部に人気はありましたが、シーンの中心とは言えない、マニア向けと音楽という位置づけでした。

しかし、PCの普及と共に、ヒップホップ、エレクトロが徐々にロック中心をシーンを侵食していく。結局ビルボードでも、エレクトロが多数派となり、ロックはおっさんの音楽と位置づけになりつつあります。

 

日本:軍歌・演歌→フォーク・歌謡曲→ロック→エレクトロ

日本も同じようなことになりつつあります。

昔は軍歌・演歌がポピュラー。そしてアイドル全盛になり歌謡曲がシーンの中心となり、日本でロックがメジャー化したのは80年代後半でした。

そして現在、日本でもエレクトロ・打ち込みばかりの音楽が中心となりつつあります。EXILEなんかもエレクトロの範疇と言って良いでしょう。

やはり、時代がネット社会に変化したことで、PCで曲を作る人ばかりになり、そういう音楽シーンに変化したということでしょう。

 

ロックリバイバルを期待してみる

タイトルで「ロックバンド受難の時代は長引く」と書きましたが、もしかしたら、もうすごいロックバンドは生まれないんじゃないかとすら思います。

セックスピストルズのジョニー・ロットンではありませんが、「ロックは死んだ」かもしれません。本当に。

 

現在ロックは、昔のポピュラー音楽であったジャズと同じ淵に立っていると言えるでしょう。

ただ、アメリカでは2000年代中盤、ホワイトストライプスやストロークスといったバンドが中心となり、ロックリバイバルと言われる、ロックの最後っ屁が起きました。

 

日本ではどうでしょうか。

ロックの最後っ屁を見てみたいものですが…。

 

↓ 新宿JAM店長石塚さんがやっていたバンドです!

スポンサーリンク