新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ、X JAPAN信者。そんな中途半端なダメ人間が必死に足掻いていくブログ。

スポンサーリンク


【競馬1本でメシを食う技術】馬券生活者・上野誠氏にお会いできた話

また競馬ネタで大変忍びないですが、競馬関係の話で今年一番印象に残った事。

まあ競馬予想記事はあと2ヶ月は書く予定ないので、勘弁してつかあさい。

というわけで、僕が馬券において大変影響を受けた、馬券生活者・上野誠氏にお会いすることができたお話です。

 

大阪杯 直前展望ライヴにて、上野誠氏と遭遇 

3ヶ月半程遡りますが、実は大阪杯の1週前、競馬ラボが主催する、下記のイベントに参加したんですよ。 

www.youtube.com

www.eventernote.com

 

騎手時代より太ったアンカツの話は面白く、サプライズゲストの柴山騎手はイケメンでした。政治騎手シリーズのヒノくんの顔は初めて見たけど、あんな感じだったんだな…。

ちなみに、柴山騎手が大阪杯で乗ってみたい馬はという質問に対し、「ヤマカツエース」と回答していたことで、自分の中でヤマカツエースの評価が高まった記憶があります。

非常に楽しいイベントでした。

そんな中、客席の端の方にどこかで見たことのあるゴツめの顔が…。友人と僕は誰だか気づきました。

 

('A`) 「あ、上野誠氏だ!」

 

馬券生活者 上野誠

上野誠氏は、馬券で生計を立てている馬券生活者の方で、今までに著書も何冊か出されています。

僕は、その上野誠氏の書いた「競馬1本でメシを食う技術」という本に非常に影響を受け、それが今の競馬スタイルにも繋がっています。

内容を超簡単に要約すれば”勝負するレース以外はケン(レースを見送る事)をすれば勝てる、という内容です。要は、「無駄なレースを買うな。極力買うレースを減らして収支をプラスにしろ」ということです。

 

当時、午前中のレースまで手を出していた僕には、非常に心に響いた内容でした。

 

「あ、全部買わなくてもいいんだ!」

 

そんな単純なことを、この本に教えられました。

その教えがなければ、僕はおそらく競馬でマイナスを出しまくり、すでに競馬から足を洗っていたのではないでしょうか。

 

「競馬の収支が上がらない!」という方にぜひとも読んでいただきたい本です。

 

写真まで撮っていただけた!

アンカツや柴山騎手より、上野誠氏を見つけたことに一番興奮。イベントの休憩時間に友人と上野誠氏の元へ。

 

('A`) 「本読んでます!上野さんのおかげでケンができるようになりました!」

上野氏「ありがとう。ケンができれば大きく負けることはないよ」

 

そこでガッチリ握手を交わしました。

上野誠氏の手は大きく、プロレスラーのようでした。

 

そして写真まで撮らせていただきました(載せる許可取るの忘れたため非公開)

初めての競馬イベントで、最高の収穫を得ることができました。

大阪杯の3連単6点での的中も、上野誠氏からパワーを貰えたからかもしれません。

 

 

そのイベントの抽選会で、東スポTシャツが当たる。アンカツや柴山騎手のサイン入り。 

f:id:tyutohanpamansion:20170716030113j:plain

 

スポンサーリンク