新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ。そんな中途半端男が人生を好転させるため前向きに生きようと足掻くブログ

スポンサーリンク


【ウチの夫は】ウチの捕手は打撃ができない 主演・小林誠司【仕事ができない】

2017年7月クールは、「ウチの夫は仕事ができない」というドラマを見ています。

関ジャニ∞の錦戸亮演じる仕事のできない夫・小林司が、松岡茉優演じる夫にベタ惚れの妻・小林沙也加と、力を合わせて仕事・夫婦生活を乗り越えていく、気軽に見れるホームドラマです。

 

僕もどちらかというと仕事できない側の人間なので、「ダメなやつが徐々に周りからの信頼を得ていく」話が好きなんですよね。

妻役の松岡茉優も非常に可愛く(ぶりっ子が強いから女性視聴者からは非難轟々な予感…)なんだかんだで継続視聴するんじゃないでしょうか。たぶん。

 

やたら名前を連呼するシーンが多いから(よく分からんミュージカルシーンとか)、錦戸の役名も覚えちゃいましたよ。小林司。

 

ん? 小林司……?

 

 

小林誠司……? 

 

 

f:id:tyutohanpamansion:20170716004212j:plain

 

「ウチの捕手は打撃ができない 」キャスト・あらすじ

あらすじ

イケメンで愛想もよく、肩も強い。そんな、理想のできる捕手・誠司には実は秘密があった。それは「打撃ができない・安牌打者」ということ。WBCのまぐれ活躍のおかげで完璧な捕手と信じている監督・由伸やGM・堤、会長・恒雄をガッカリさせないため、「この事実を知られたくない!」と思う誠司だったが由伸は、その秘密を知ってしまう。

そして更に、数々の凡退を繰り返しチームに居づらくなり、「辞めたい…」と思ってしまう。だが、GM・堤の解任が発覚!誠司はBクラスに沈むチームを立て直すため、自分たちの幸せのため「打撃のできる男」になろうと奮闘する。キャプテン・坂本、親友・菅野といった個性的な面々と頑張る、笑いあり涙ありの野球ドラマです。 

 

キャスト

小林誠司(捕手)

f:id:tyutohanpamansion:20170716012347j:plain

イケメン・強肩で読売ジャイアンツの正捕手。

守備面では成長を見せるものの、打撃面では前半戦打率.190 HR0本 12打点という、セ・リーグ規定打席到達者の断トツ最下位に沈む。

自球団・他球団からも「あいつは打撃ができない」と笑われていたが、オールスター初出場・初打席・初球でホームランを放ち、後半戦の復活が期待される。

 

高橋由伸(監督)

f:id:tyutohanpamansion:20170716003943j:plain

読売ジャイアンツ監督。

前半戦に13連敗を喫するなど、チームはガタガタになっていた。しかし、GMの交代、斎藤雅樹投手コーチの復帰もあり、やや復調の兆し。

誠司に対して、守備面では信頼しているものの、打撃面では「オレのほうが打てる」と思っている。

誠司がオールスターでHRを打った際、シーズン中の誠司の惨状を思い出し、頭を抱える。

 

坂本勇人(遊撃手)

f:id:tyutohanpamansion:20170716012454j:plain

読売ジャイアンツ主将。

不動の遊撃手で3番打者。かつイケメンでモテモテ。

去年から打撃開眼し、今年も首位打者を狙える程の成績を残している。

誠司がオールスターでHRを打った際、「シーズンで打って欲しい」と、全ての巨人選手・巨人ファンの気持ちを代弁した。

 

阿部慎之助(一塁手・元捕手)

f:id:tyutohanpamansion:20170716012507j:plain

誠司が入団する前の正捕手。かつチームの大黒柱的存在。

誠司に対して厳しく、今年は自主トレで誠司を鍛え込み、誠司を坊主頭にした。

以前は怪物的な打撃を誇ったが、年齢・故障による衰えが最近顕著に。

2017年中の2000本安打を狙っている。

 

菅野智之(投手)

f:id:tyutohanpamansion:20170716012530j:plain

読売ジャイアンツのエースであり、誠司の親友。

誠司に対して「最高の捕手」と、どんなに周りから批判されても”不変の愛”を貫いている。

ちなみに前半戦打率は.276と、誠司より高い。

 

野村克也(野球評論家)

f:id:tyutohanpamansion:20170716012614j:plain

誠司を評価している過去の名捕手。

シーズンが始まってからは酷評することも目立ってきたが、実際の評価は…?

 

ついでに「ウチの夫は仕事ができない」第2話感想(ネタバレ多少あり) 

 

まあ、リアルさはあまりないファンタジードラマですね。

 

特に顕著だったのが、第一話のラストにて、司(錦戸)が会社辞めようとするシーン。沙也加(松岡)は妊娠発覚後にも関わらず、「司さんの良さがわからない会社なんてやめていいです」と言い放つ。

その今後のこと全く考えてない感がリアルさを欠きます。大体の嫁は発狂するだろうな…。

でも、これはファンタジードラマなのですから、「こんな夫・嫁がいたらいいなぁ…」くらいに視聴者は思っていればいいのです。松岡茉優の子供をあやすような演技には正直イラっと来ますが(オレが来るんだから女性はもっと来るんじゃないの?)、可愛いは正義。全て許されます。

 

ただ、ファンタジードラマといっても、司の仕事のできなさはちょっとリアルかも。

スマホ忘れまくったり、人の言葉のままを鵜呑みにしたり、報連相を怠ったり…と。でも性格が良く、真面目。こういう人、実際いるんじゃないでしょうか?

 

まあ、前クールの「あなたのことはそれほど」のようなハマり方はしないでしょうが、とりあえず継続視聴しようとは思います。

 

あとは、録画してた「過保護のカホコ」を見ねば。。

 

スポンサーリンク