新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ。そんな中途半端男が人生を好転させるため前向きに生きようと足掻くブログ

スポンサーリンク


【ADHD】先延ばしの対策が”やること全部書く”くらいしかない件

 f:id:tyutohanpamansion:20170614013454j:plain

 

先延ばしに定評のある中途半端男です。

中途半端男というHNのくせに、これだけは中途半端じゃないので困ったものです。

この先延ばし癖が仇となって、やるべきこと・やりたいことをスムーズにこなすことが難しいのです。 

一応先延ばしの対策はあるのですが、なかなか恒常的に行えなく…。

 

仕事から帰って先延ばしモード突入…

先日も会社帰ってからは、やりたいことの先延ばし祭り。

帰路についている時は、「飯食って、掃除して、洗濯して、TSUTAYAで借りたCDをiTunesに入れて、まだ見てない『孤独のグルメseason6』の8話を見て…」と色々頭の中でやることを考えています。

しかし、家帰って飯食うと、もう何もできません。シャワー浴びようと全裸になったはいいものの、全裸のままベッドで”巨人 連敗”・”巨人 暗黒時代・”長嶋 地獄キャンプ”などとググり、 下らないまとめサイトを巡回していました。

 

「これじゃいかん! トイレ行ったら全部やるぞ!」と発起しようとはするのです。

しかし、尿を放出している最中に、頭の中で”ヤクルト 連敗”・”あなたのことはそれほど 視聴率”・”性の喜びおじさん 動画”といった色々なググりワードが浮かんできて、用を足したらスマホを手に取り、またベッドでスマホいじいじ。パンツだけ履いた状態で。

これで3時間経過です。もちろんさっさと済ませてちゃんと読書とか自己啓発に励める日もあるのですが、ダメな日はこんな感じです。こんなんじゃブログを成長させるだの、読書したいだの、そんなこと言ってる場合じゃありません。”衣・食・住”を維持するための行動すら取れないんですから。

 

やはり、常に頭の中がどったんばったん大騒ぎしている状態なのが大きいのでしょう。

一旦頭で浮かんだことは、すぐにググってしまわなければダメなんです。それの無限ループ。そして、帰路についていた途中に浮かんでいたやることは後回し。これが僕の先延ばしループです。

 

女の子じゃないけど頭の中こんな感じです

next.spotlight-media.jp

 

3時間経って「さすがにやばい」と思い、やることをやる前にあることをしました。

それは、”やることを全部書く”ことです。

 

やることを全部書いて”見える化”する

f:id:tyutohanpamansion:20170614004212j:plain

 

上の画像は一昨日実際に書いた紙です。

このように、その辺のメモ用紙にやることを箇条書きにするのです。

そうしてみれば、いままでザワザワした脳の中に埋もれていた”やること”が可視化され、「これらをとりあえず片付けよう」という気になります。

 

実際にこれを書き出したところ、洗濯している間にさっさとシャワーを浴び、書いてること全部やり、洗濯が終わったらさっさと干し、やることがほとんど終わってしまいました。あれだけ着手できなかったのは何だったんだと言わんばかりに。

やはり、やることを書き出すことで頭の中が一旦スッキリするんですよね。

何も書かなければ頭の中で「あれやってこれやって…」と、やることを抽出する作業を同時進行しなければならない。その抽出作業で変なもん抽出しちゃったら、また先延ばしモードに逆戻り。なんで、一旦書いて見える化させなくてはならないのです。

 

これは仕事でも有効活用できるんじゃないですかね。実際仕事できる人はtodo管理をきちんとやれている人が多いですからね。

注意1:スマホのtodoアプリはダメ

仕事中にスマホのtodoアプリを使用されてる方は多いと思いますが、家で先延ばしモードに入っているときにスマホのtodoアプリを使用してはいけません。なぜなら、どうせまたスマホで違うことやり出すに決まっているからです。

「仕事中はそのtodoアプリでうまくいってるぞ」と反論ありそうですが、仕事中は自由にスマホいじれないでしょう? 営業の方ならできるかもしれませんが、お客さんや上司との兼ね合いもあり、やはり自分の世界に浸っている暇はない。

その点、自分の家、特に一人暮らしなら自由です。何やったってOKなんですから。

だから、スマホのtodoアプリは家で使ってもあまり意味がありません。

 

注意2:手間のかかりそうなものは書かない

上のメモ画像ですが、一点悪い例があります。それは、”ブログ5記事”とか無謀極まりない事を書いていることです。

こういう手間のかかるものを書いてしまうと、着手する前に「あっ、時間かかる…」と恐れをなして他のものまで着手しなくなってしまいます。

なんで、こういうのは書いてはいけません。簡単なことを終わらせてからにしましょう。

 

じゃあ最初からそれやりゃ先延ばしなんか無くなるだろバカ

んなこたぁ分かっています。

ですが、この”やること全部書く”という対策の弱点は、”やること全部書くことを先延ばしにしてしまう”ことです。それができなければ対策もクソもありません。加えて、それの先延ばしを防ぐ方法は無いです。自分の意志のみ。

 

一旦先延ばしモードに入ってしまうと、抜けるのはかなり難しいのです。

おそらく根本的に治すことは難しいでしょう。

だから、「先延ばしモードに入るのが4日に3度だったのが2日に1度になった。だから次は3日に1度を目指そう」というように、徐々に治すよう意識していくしかないでしょうね。あんまり締め付けるとたぶん逆効果だ。

「コンサータもストラテラも先延ばしにはあまり効果がない」と岩本友規さんの著書に書いてありましたので、薬には頼らず自分の意志で行うしかありません。

 

僕も今はこんなんですが、先延ばしモードに入る日が”7日に1度”くらいにしたいですね。

とりあえず、帰宅したらさっさと紙にやることを書こうと思います。

 

スポンサーリンク