新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ、X JAPAN信者。そんな中途半端なダメ人間が必死に足掻いていくブログ。

スポンサーリンク


仕事・家庭、仕事・趣味、両立のできない男、結婚不適合者につき

f:id:tyutohanpamansion:20170520045722j:plain

 

僕は中途半端に色々なことに手を出すので、趣味・やりたい事は多い方だと思います。

それに加え、見ての通りこうやってブログまで始めてしまったので、やりたいことが多くて仕方ないです。

趣味と仕事の両立家庭と仕事の両立。素晴らしいですねー。それができている方は心から尊敬します。

だって僕は”両立”が苦手なのだから。。。

 

仕事の拘束時間は12時間以上

最近業務のシステムが変更された関係で仕事が忙しくなっちゃたんですよ。

家を出てから家に帰り着くまで、移動時間も拘束時間に組み込むと、約12~13時間になります。

帰ってきて、自炊・洗濯(3日に1回くらい)・掃除などの家事をこなし、風呂に入ったら、あっという間に1時間は経過します。

僕に残された時間はあと9時間半しかありません(24-13-1-0.5(朝出発するまでの時間)=8.5)

冒頭でも書いたように、僕にはやりたいことがたくさんある。録り溜めたアニメやドラマも見たいし、読書もしたい。勉強したい分野もたくさんある。そして酒も飲みたければ、自分磨き(自己処理の意)もしたい。

 

でもそんな時間でできるわけねえだろうが!!

 

ADHD持ちの僕は、脳の疲れやすさが定型の倍以上なんです。常に大した戦闘力もないのに3倍界王拳を使っている状態なんで、疲弊が激しいんです。なんで十分な休息を取らなければ次の日の仕事に差し支えてしまいます。休息を取らなければ、次の日は常に頭がボンヤリしている状態、この記事で書いているようにミスの確率変動突入です。やりたいことを犠牲にして休息をとらなきゃダメなんです。私。

 

僕は8時間、最悪でも7時間は寝ないと話にならないので、やりたいことを上手くこなすには時間を効率よく使う必要があります。でもね、仕事から帰ったあとの疲れた脳でそんなことできやしませんよ。完全なる干物男ですわ。疲れて飯食って風呂入った後ベッドでスマホいじいじして寝る。それが現実。

ユニコーンの「働く男」と同じ状態ですわ。

 


働く男 UNICORN

 

↓ こういう感じでADHD民は睡眠がおかしくなることが多いのです!

www.chikarinadhd.com

 

それ以上の労働環境で働いている方が多数おられることは重々承知しています。

やっぱり、僕ってただのわがままなんですかね?  屑なのは自覚していますが。

 

仕事と結婚生活の両立なんてできない

「仕事とプライベートの両立」とかよく聞きますが、本当に皆さんそんなことできているんですかね? 仕事しながら奥様の機嫌を伺い、子供を見る。

無理や僕には。とても会社勤めをしながらそんな事はできない。第一、帰ってきて人がいるということにまず耐えられない。一時期他人を1Kの部屋で居候させていた事がありましたが、その時のストレスは半端じゃなかった。会社でもストレス家でもストレスじゃぁ僕は砕け散ってしまう。好きな人なら話は別だって? いや、一緒に住むと好きな人が好きじゃなくなるよ。少なくとも僕は。

平日時間が取れない人は休日に帳尻を合わせているんだろうが、それも無理

そもそも休日に自分の時間が取れないことが耐えられない。なぜ合わせなくてはならないのだ。無理だ

 

うん、書いてる途中で気づいていたけどこれは酷い。これぞ結婚不適合者の叫喚だ。こんな人間は子孫など残さずに、一人で朽ち果てていけば良い。

 

仕事の日にブログだって書けるわけがない

こんな有様なんだから、仕事ある日にブログが書けるわけないんですよ。ブログ執筆はかなり頭を使う作業。仕事終わりで脳のMPが1しか残っていない状況では、メラの一つも唱えられません。

なんで、リニューアル後は毎日執筆を完全にあきらめることにしています。その代わり、休日にブログ執筆を頑張ることにしました。つまりは、記事をストックすることにしています。以前はそれをやろうとして失敗しましたが、今回は”自分のこと”を中心に展開しているため、以前より記事は書きやすいです。ノウハウも以前よりはあるしね。

 

whitehatseo.jp

 

トレンド記事はあまり書く気はないので(書かないわけではない)休日一気に執筆でも何とかなりそうです。

 

脳が疲れやすい仕事ある日は不安定になりやすい先延ばしをしやすい、そういった特性を持っている僕。その持っている特性に抗うのではなく、上手く共存し、特性に合わせた行動を取っていくことで、当ブログは何とか続けていきたいと思っています。

 

スポンサーリンク