新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ。そんな中途半端男が人生を好転させるため前向きに生きようと足掻くブログ

スポンサーリンク


中途半端男の経歴④~ブラック企業を経て現在へ~

中途半端男の経歴シリーズも今回が最終回。

鬱を乗り越えた僕が、再上京してから現在に至るまでの話です。 

 

再上京~就職活動

簿記2級取得の後、簿記1級試験に歯が立たなかった中途半端男。「そろそろ就職するかな…」と中途半端な決意をしたは良いのですが、拠点をどうするか結論が出ていませんでした。

「このまま大分に住み続けるか、それとも再度東京に行くか…、大阪? あり得ない!」と、優柔不断っぷりを存分に発揮。とりあえず別府のハロワに通い、大分と東京両方の就職先を探すことに。

 

しかし、東京に比べて大分の仕事のないことないこと! 事務系で探していたのですが、月収15万以下は当たり前。それに加え、年間休日は90日とか85日とはザラ。しかも当時は不景気低求人率に世間が喘いでいた時期。とてもこういった条件で働き続けるのは辛い。あと東京には友達も多くいるし、まだ未練もある。

結局僕は大分に別れを告げ、2012年初頭に再上京。何とか1ヶ月で事務系の仕事に就職することができ、就職先が池袋だったこともあり、今も住んでいる東京寄りの埼玉に拠点を置くことにしました。

 

ブラック企業ながらも充実感のあった2社目

その就職先ははっきり言ってブラック企業でした。

当然のようにみなし残業制。しかも就職当初の給与は年収換算すると約260万円。地方じゃないよ。ボーナス? 何それおいしいの?

でも、あの不景気の中でなーんのスペックもない総務・経理志望第二新卒のバカを雇ってくれるとこなんて無かったんですよね。選択の余地は皆無だったのです。

 

最初の1年は残業も少なくてそれなりに早く帰れていたのですが、1年経った頃から退職者が続出し、次々と仕事が回ってくる事態に。7:30に会社に来て終電ということが続いたり、身体的にはかなりヤバかったと思います。

でも、1社目のときよりはるかに忙しかったのに、精神的に病むことはほとんど無かったんですよね。きっと様々な仕事を振られることで、「仕事を任せてもらえる」、「信頼されてる」といった承認欲求が満たされていたのでしょう。帰れないし薄給だし上層部はヤ◯ザみたいだしで散々な環境でしたが、不思議と充実感はありました。周りも個性的な人が多く(元バックパッカーとか元MAX147km本格右腕とか元フランス外人部隊とか…)、ADHDの僕にはその刺激が心地よかったのでしょう。

 

しかし、あるところで「この会社では今後収入UPは期待できないし、間違いなくどんどん働きづらくなる」と悟り、3年で退職。周りからは「よく3年も頑張れたね」と賞賛される始末でしたがw

 

とんだブラック企業に勤めてしまいましたが、1社目と違って100%自分の意志で決めたことだし、収入以上に得るものは多かったし、他では絶対に経験できないことも経験しました。入社してよかったと思いますもう1度入社したいかと問われたら絶対イヤだけど)

 

退職~現在に至る

ADHDらしく衝動性の強い僕は、次の計画も全く立てずに退職。今後どうするのか全くのノープランでした。「普通に就職しようか、大分に戻ろうか、お笑い芸人になろうか…」と、様々な将来を妄想していました。 ナベプロのオーディションを受けに行こうとしたり、完全なる迷走期です。

結局お笑いは諦め、普通に就職して、現在に至ります。

今はちゃんとした会社(2社目と比較したらそりゃまとも)にて仕事をさせていただいていますが、正直、ここ2年は毎日つまらないです。はい。

 

満たされない毎日…

今の仕事はガッツリなルーチンワークで、仕事というより”作業”に近い感じなので、はっきり言ってつまらないです。でも給与は2社目より良いです。明らかに貯金がしやすくなった。

桜井和寿が「彩り」で歌うように、”僕のした単純作業がこの世界を回り回って”いることは分かっているのですが、本当につまらないです。つまらない。ただそれだけ。こんなこと言う僕が屑なのは分かっている。でもつまらんのだ。2社目の方が良かったとは言わないけども、自分が成長していってるのは手を取るように分かりました。

 

それに加え、2社目の頃は土日休み(土曜日はほとんど出勤だったけど…)だったので、友人と遊んだりすることも多かったのですが、今の仕事はシフト制で休みは不定期。しかもよく遊んでいた友人は皆結婚してしまい、非常に誘いづらい。「俺なんかが誘ってはいけない」とガチで思ってしまう。

もちろん彼女なんてもってのほかです。どうやら僕は仕事とプライベートの両立ができないようなのです。仕事してると彼女とかめんどくさいと思ってしまう。ただできないだけだろって? やかましいわい。

 

ブログを書くことで満たされるのかな…?

現在の僕はADHD持ちの無気力中途半端男です。例えるなら、古谷実の「ヒメアノ~ル」に出てくるヒロインと出会う前の主人公に近い感じです。 

この悪循環を断ち切ろうとブログを去年はじめましたが、慢性的な先延ばし癖の為挫折。

今回リニューアルしましたが、このひどい先延ばし癖を抱えながらどこまで続くか。不安でいっぱいです。 

これまた古谷実の「グリーンヒル」で出てきたセリフ、「人類最大にして最強の敵は”めんどくさい”だ」とありますが、本当に何をするのもめんどくさいのです。

今書いている記事も、本当は昨日書く予定だったのを先延ばしして今書いています。

”めんどくさい”は人類最大にして最強の敵だそうなので、僕みたいなゴミがそんな強大な敵に打ち勝てるはずありません。餃子がセルに勝とうとするようなものです。

 

とにかく満たされたい。今の僕の心境です。

 

 

でも、”めんどくさい”

 

 

 

 

中途半端男の経歴シリーズ

中途半端男の経歴①~給食が原因で自殺を図った小学生時代~

中途半端男の経歴②~中途半端だったけど比較的平和な中高大~

中途半端男の経歴③~絶望から希望の光~

中途半端男の経歴④~ブラック企業を経て現在へ~

 

自己紹介記事

自己紹介+プライバシーポリシー

 

スポンサーリンク