新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ。そんな中途半端男が人生を好転させるため前向きに生きようと足掻くブログ

スポンサーリンク


有馬記念2016 全頭個人的コメント【クリスマス】

f:id:tyutohanpamansion:20161225033307p:plain

 

まだ微妙に阪神Cの敗戦を引きずっています。

クリスマス有馬記念には相性が良い男、中途半端男です。

 

今年はキタサンブラックとサトノダイヤモンドの一騎打ちの様相ですが、果たしてどうなるのでしょうか…。

 

↓ クリスマス有馬記念の思い出話 

www.chutohanpamansion.net

 

有馬記念2016 全頭コメント

1.キタサンブラック

また1枠1番かい。「どうぞ勝って下さい」と言わんばかりの馬番ですな。

G13勝の突然変異馬だが、この馬を本命にする気にはどうしてもなれない。

何故なら、ダイワスカーレット程どうしようもないような強さを感じることができないのだ。

 

正直この馬一番の買い時は、北村宏司から典に乗り替わった去年のこのレースであり、今年買うのはもはや後追いでしか無い。

「今年G1ふたつも勝ってる馬に何言ってんだ」とか思われるかもしれないですが、自分がイマイチ買いたくない馬を買って負けるのが嫌なだけなのです。

この馬は突然変異馬なので、条件もクソもなく走るため、走るか走らないか予想するだけ無駄です。

単に買いたいか買いたくないか、それだけで取捨を決めさせていただきます。

紐まで。頭で来たら諦めるしかない。

 

2.ゴールドアクター

去年の覇者。

春天で大金張ってボロクソに負けさせていただいたこの馬。今更本命にはできません。

あと、やはり三流厩舎と三流騎手、ちょっと2度目の栄冠があるとは想像し難い。紐まで。

 

3.ムスカテール

アル共では誰が大口入れたのか知らないけど、一時結構人気してたね。

ここでも用なしだけど。切り。

 

4.ヤマカツエース

レースレベル通りの走りを見せてくれる馬。

成長の余地はありそうだけど、金鯱賞のレベルは相当低そうなので、まだG1では通用しないかなぁ…。

来年の活躍に期待。池添は怖いけど切る。

 

5.サムソンズプライド

典は大逃げ打つのかポツンするのか…、典の乗り方だけが気になる馬。

要らないけど、良くも悪くもレースを壊す恐れのある馬。

 

6.サウンズオブアース

ウインバリアシオン以上のシルバーコレクター。

重賞勝ちはおろかOP競争勝ちもない所が何とも愛らしい。

デムーロは怖いしネオユニ産駒の中山成績も良い。しかし、藤岡厩舎が有馬勝てるような調整できるのかねぇ…。懸念はそれくらいだが、その懸念は非常に大きい。紐まで。

 

7.マルターズアポジー

何気に穴人気してるね。

3連勝の全てを逃げて勝ってるので、ネコパンチすることを期待してる人もいるかもしれないが、陣営コメント見る限りどうやら我慢させる模様ですよ。

そんな競馬がここで通用するわけ無いでしょ。切り。

 

8.ミッキークイーン

現役牝馬では一番強いと思っているが、浜中は間違いなく遠慮に遠慮を重ねた騎乗をする。

馬が図抜けて強いならまだしも、去年の低レベルJCで恵まれた斤量背負って勝負にならなかった馬。この舞台で勝負になるとは思えない。切り。何故JCに出なかったのか。

 

9.ヒットザターゲット

天敵田辺騎乗。実はこの馬G1で馬券になったことがない。

元々の実力が足りない上にお年を召しすぎたようで…。切り。

 

10.アドマイヤデウス

穴で面白そう。JCパスで有馬記念とは、非常にやる気のある証拠である。

あとは今だに波に乗れていない岩田次第だろう。一応言っておくが、岩田は今年G1で一度も馬券に絡んでいません。去年は今年ここまでダメになるとは思わなかったな…。

ウインバリアシオンの時も不調にも関わらず持ってきた実績を買い、紐まで。

 

11.サトノダイヤモンド

本命候補1

菊花賞で参りました。次は逆らえないなと思ってしまいました。

この馬はマカヒキやディーマジェスティとは違う。切れがあってパワーもある。まさに強い馬の見本のような馬である。

間違いなく現時点でディープ牡馬の最高傑作と言えるであろう。

 

ミッキーアイルがマイルCSを勝ったことで、ディープ牡馬G1二勝の壁も無くなった。

ディーマジェスティが皐月賞を勝ち、ディープ牡馬は中山G1を勝てないジンクスも払拭された。

サトノの呪いも、自信の菊花賞勝利+先週の朝日杯サトノアレスで解けた。

騎手もルメール。中山2500mは蛯名なんか比較にならないくらい上手い騎手だ(日経賞のアルバートではちょっとやらかしてたけど…)

菊花賞勝ち→有馬記念のローテも完璧。

オッズもキタサンがいるため2~3倍程度で落ち着きそう。

 

結局、人気はしているが、逆らう要素が全くないため、素直に頭を下げるしか無い。

頭まで。

 

12.サトノノブレス

サトノダイヤモンドのラビット的存在になるかもしれない馬。

でもシュミノーか。チャンピオンズCのノースヒルズ軍団のような事はやらないのかな? でも最近の有馬は6歳以上の馬が来なくて…。エアシェイディのような晩成型ならともかく、この馬は…。

切り…でいいかなぁ。。外国人だから紐に入れる可能性もある。

 

13.デニムアンドルビー

ずっと追いかけてた好きな馬。

この馬を買ったのは2度。3歳時のJCと5歳時の宝塚。全て2着になった。この馬の取捨には自信がある。

前走はバルザローナのクソ騎乗っちゃそうなんだけど、屈腱炎明けの6歳SS系牝馬。しかも継続騎乗で結果を残せるかねぇ…。

好きな馬だが、切り。さっさと引退させて繁殖入りさせてほしい。

 

14.シュヴァルグラン

清原和博氏に入墨を消すことを勧めた人の馬。

JCでは3着に来てくれてありがとうございました。おかげで「まつり」が楽しく聴けました。

 

福永は「この馬は有馬向き」と言い、怪我が完治してるか怪しいくせに今回無理に乗ろうとしているが、この舞台でのネックはアナタなんですよ?ジャスタウェイの有馬記念クソ騎乗は忘れてませんよ。

正直、後方から外ぶん回すのが見える見える。中山でそんな競馬して勝てるわけ無いだろ。

 

本来なら切り…と言いたいところなんですが、最近の中山は外差しもしっかり決まってしまいます。

ましてやヴィブロスのように好位置を取り(外目なのは間違いないだろうが)、末脚を爆発させたなら頭もあり得るかもしれないとまで思い始めてしまった。

ただ、騎手が中山×だから、やはり紐までで良いかなぁ…。末脚もサトノダイヤモンドには敵わなそうだし。

 

15.アルバート

本命候補2

まず、舐められすぎ。実績的にはもっと人気してもいいだろ。

今年のステイヤーズSの勝ち方が物足りないという声もあったが、今年は有馬に照準を合わせた故の物足りなさではないだろうか。だとしたら、今年は中団より前で上手く運べれば勝ってもおかしくないとすら思える。去年はアッゼニが目を覆いたくなるような糞騎乗かましてたしね。

しかも戸崎だぞ。今年のリーディングだぞ。出遅れて外ぶん回す競馬にならなければ好走必至。頭まで。

 

16.マリアライト

宝塚記念馬。このレースで引退。

基本的に有馬の引退レースは買えません。なぜならメイチで仕上げるわけがないからです。

ブエナビスタもゴールドシップもゼンノロブロイもヴィクトワールピサもみーんな負けています。

有馬の引退レースで勝ったのはディープインパクトオルフェーヴルくらい。奴らは三冠馬だ。7割の力でも勝てるような怪物馬だ。

よって、この場面では買えません。無事に走ってくれればオールオッケーでしょう。切り。

 

 

 

さて、明日はクリスマスでもあります。

皆様、クリスマスらしい爽やかな曲でも聴いて、クリスマス有馬記念を楽しんで下さい!

 

www.youtube.com

 

 

 

 

スポンサーリンク