新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ。そんな中途半端男が人生を好転させるため前向きに生きようと足掻くブログ

スポンサーリンク


エリザベス女王杯2016 全頭個人的コメント

f:id:tyutohanpamansion:20161111180654j:image

 

ダビスタマスターズがついにリリースされましたね!

最初の方で貰えるニホンピロウィナーの産駒が高松宮記念2着になり、そこで満足して飽きてしまった中途半端男です。

 

本日はエリザベス女王杯です。

しかし、今年は牝馬クラシックの勝ち馬全てが回避。結局3歳勢は2頭だけという寂しいものとなりました。

人気はG1勝ちディープ産駒の2頭でしょうが、マリアライトは前哨戦で不甲斐ない競馬、ミッキークイーンは前哨戦の京都大賞典を回避と、順調とは言い難い状態です。

 

果たして、今年のエリ女はどうなるのでしょうか?

 

エリザベス女王杯2016 全頭コメント

1.ミッキークイーン

2冠馬。おそらくこの中では一番強いと思われる馬。

スタートに難はあれど、必ず最後は脚を使ってくれるので、いくらぶっつけでも軽視するのは危険。

ただ、復帰後イマイチ調子が出ない浜中と、軽量馬なので56kgという斤量が気になる。パワーなしのキレキレタイプの馬なので、56kgという斤量はやはりマイナス。

 

「え、56kgは4歳以上の馬は皆そうじゃん」という突っ込みが聞こえてきた。確かにそうだね。だからエリ女は54kgで出られる3歳が強いんじゃないのよ。

 

本命にはしないけど頭まである可能性はある。

ただこの馬、ここを叩いてJC出るつもりなんじゃないか?と邪推してみる。

 

2.マリアライト

去年の優勝馬。そして宝塚記念まで勝ってしまった。中途半端男は◎ドゥラメンテから紐で勝っていたので、少し儲けさせてもらった。

 

この馬は軽量ディープ牝馬のくせに無駄にパワーがあり、日経賞・目黒記念のような、牝馬が苦戦しそうなレースに出走し、好走している。しかも、あのブエナビスタやジェンティルドンナでも勝てなかった宝塚記念まで勝利。ディープ牝馬に宝塚記念を勝つのは無理と思っていたので(2着まではあるとは思ってた)度肝を抜かれた。ただ、ドゥラメンテがマトモだったら普通に差し切られてただろうなぁ…とも思う。

 

確かに実績は上位だ。でもこの馬を強いと思ったことはなぜかあまりない。勝ち方が地味だし、人気で勝ったことがないというのもあるだろう。ただ、個人的な感覚として強いと思えない馬を本命にする気には起きないんだよなぁ。いくら実績が上位だとしても。

あと蛯名。中途半端男と蛯名騎手の相性は最低だ買うと来ないし買わないと来るの典型。こじはるみたいに「迷ったら蛯名さん!」ではなく、「迷ったら蛯名消す!」意識で今後も望みたい。

流石に完全には消せないので紐まで。

 

3.クイーンズリング

前哨戦・府中牝馬Sの優勝馬。

完全にG3・G2クイーンと化し始めた馬。ルージュバックと同じだね。しかもルージュバックと同期かつ同じマンハッタンカフェ産駒。 

マンハッタンカフェ産駒はどうもワンパンチ足りない馬が多い。レッドディザイアは強かったけど、秋華賞はブエナビスタの自爆に助けられた感があるので、やはりワンパンチ足りない印象。

秋華賞で2着しているが、あれはデムーロの博打騎乗が上手くハマった感がある(むしろマンカフェ産駒は秋華賞には強いのかな…?)

天皇賞秋のルージュバックのようになってしまうのではないかと予想している。

切ってもいいんだけど、流石に強気すぎるので紐まで。

 

4.ヒルノマテーラ

こいつもマンハッタンカフェ産駒か。

前走は中々キレのある末脚だったが、ベルーフ藤岡康太の超絶糞騎乗にも助けられた感じ。

去年まで500万下も勝てなかった5歳の牝馬、G1で好走できるかと言われたら苦しいのではないかと…。しかも騎手は四位なので、後ろから行って外回すという騎乗をするのが分かりきっている。その競馬じゃミッキークイーンには絶対に勝てない。切りで良い。

 

5.メイショウマンボ

可哀想に。。。もう引退させてやりなよ…。3年前のこのレースでは貴女を買って勝たせてもらったよ。ありがとう。

それにしても、明らかに終わったこの馬まで来そうな雰囲気にさせる池添って凄いな。 

 

6.プロレタリアト

はいはい藤沢厩舎ね、と思ったら違った。何故杉原なのか?もう少しマトモな騎手いるでしょう? これG1だよ? 500万下じゃないんですよ? 切り。

 

7.マキシマムドパリ

普通に考えて力足りないわな。

武さんがこういう明らかに力の足りない馬に乗った時は、人気以上の好走はするが、馬券に絡むことは非常に少ない。コロンバスサークルやラブイズブーシェなんかが典型例。切りで良いでしょう。

 

8.タッチングスピーチ

去年のこのレース3着。かなり凄い末脚だった。

鞍上ムーアで盛り上がってますが、去年のこのレースでムーアを買った人(私です)は心が張り裂ける思いをしたと思うので、 期待どころか非常に冷めた目で見ています。

G1でのムーアの買い時は、明らかに強い馬に乗った時(モーリス・ジェンティルドンナ)と、騎手が糞すぎて力を出しきれてない馬に乗った時(ラストインパクト)くらいのものですので、過信は禁物だと思います。

 

そもそもこの馬、ミッキークイーンに隠れてるけど、ローテーション最悪ですよ。舐めとんのかというレベル。宝塚からのぶっつけって…。

あと、今年の京都記念2着なんて、あの糞メンバーでの2着に何の価値もないのでご注意を。実際メンバーが強化された大阪杯では全くダメだったしね。

これだけ難癖つけまくったけど、着狙いで来たら怖いので紐まで。

 

9.シングウィズジョイ

こいつもマンハッタンカフェ産駒だ。多いなぁ。

ルメール騎乗でも厳しいのでは‥。先行馬だしキレないし、逆にルメールだから大逃げのような博打に出るとも思えないし…。

切り。

 

10.シュンドルボン

私は牝馬のハーツクライ産駒は信用していません。だからヌーヴォレコルトもずっと信用できなかった。 

ただ、去年は条件戦勝ったばかりの上がり馬としての立場ながら、アッゼニを乗せて差のない7着。この条件は良いのかもしれない。紐まで。

てかアッゼニ今年も来たんだね。帰れよ。

 

11.デンコウアンジュ

3歳馬。メイショウサムソン産駒。

秋華賞でもお話したように、サムソン産駒はG1でスリーパンチ程足りない。ただ、3年前のこのレースでトーセンアルニカが4着まで来ているので、この条件が良い可能性はある。

しかも陣営がケツから行くことを明言。陣営も掲示板入れりゃ御の字くらいに思ってるのかな。ただ、この条件がやたら合う可能性はあるので紐まで。切ってもいいけど、トーセンアルニカよりは強そうだし。

 

12.アスカビレン

穴で面白い。

上がり馬ながら、府中牝馬Sにて4着と好走。ブラックタイド産駒なんてディープ産駒みたいなもんなんだから、この条件で走っても不思議ではない。紐まで。

 

13.プリメラアスール

この馬、逃げそうだな。大逃げしたら面白いけど。。。

まあその時は事故と思って諦めますわ。切り。

 

14.シャルール

乗り替わりが良い方に出そうな馬。

前走は典が逃げて惨敗。こういう負け方は参考外にできる。

この馬は重賞でも1番人気に支持されるなど、素質はある馬。牝馬戦が得意かつ何気に人気薄も持ってくる福永は中々怖そうだ。こいつも穴で買えそうだな。紐まで。

 

15.パールコード

本命。候補ではなく、決定している。◎。

ミッキークイーンの項でも書いたけど、エリ女は3歳馬です。迷ったら3歳馬。大体の年で3歳馬が馬券に絡んでいる。最弱世代と呼ばれた2008年世代もリトルアマポーラが勝利。そう、54kgの斤量は大きく、なおかつ牝馬は調子で走るので、秋華賞等を好走した馬はそのまま馬券になることが実に多い。

 

パールコードは秋華賞で本命にしたが、思いの外ヴィブロスが強く、2着。

ただ、この中内田とかいう調教師、この前の秋華賞がG1初出走である。それで2着。やはりこの調教師は凄いのかもしれない。2歳にはヴゼットジョリーもいるし、今後も注目してみたい。

 

あと、この馬は後ろから行くタイプではないことも良い。川田の差しは信用できないが(スワンSのサトノアラジンは下手くそでしたよ。勝ったけど)先行する時は日本人では一番といっていいくらいの信頼感がある。

 

まあ負けるとすればミッキークイーンに差されたときかな。でも2着は堅いでしょう。頭まで。

 

秋華賞でパールコードを推奨した記事↓ 

www.chutohanpamansion.net

 

 

 

 

”エリザベス女王杯”で検索されてこのブログに辿り着いた方々、見ていただいてありがとうございます。

 

当ブログは純粋な競馬ブログではなく、雑記ブログという体を取っております。

 

競馬予想だけでなく、他にも色々綴っておりますので、ぜひご覧下さい。特にメタル好きな人。

 

www.chutohanpamansion.net

www.chutohanpamansion.net

 

 

 

 

終 

スポンサーリンク