新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ。そんな中途半端男が人生を好転させるため前向きに生きようと足掻くブログ

スポンサーリンク


スプリンターズステークス2016 全頭個人的コメント

ようやくG1の季節!

競馬大好き中途半端男、黒い珊瑚礁です。

 

このブログで競馬予想をするつもりはなかったんですけど、やっぱり競馬好きな人間は、誰しも自分の相場眼がどういうもんかというのを晒したいものなのです。

なんで、「このブログの予想は中々見どころがある」と思われるのも良し、「このブログ当たらなすぎwww 井上康生監督の嫁かよwww」と思われるのもそれはそれで面白いじゃないですか。

 

まあ、こちら→敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い。 のサイトのように詳しい解説なんてできやしませんが、適当にG1だけは全頭の評価を綴っていこうと思います。

 

あとはこちらのブログもデータが充実してますね。

www.stay-minimal.com

参考にしまーす。

 

あ、念のためお伝えしておきますが、今回の記事、競馬好きな人以外全く面白くないと思うので、ご了承下さい(競馬好きも面白いと思うかは不明)。

 

スプリンターズS 全頭コメント

1.ビッグアーサー

抜けた一番人気のこの馬。前走逃げたことが賛否両論となっているが、私はこのレースの事を考えたら完全に「否」の立場を取る。

逃げただけなら良い。問題は行こうとした川田のスノードラゴンを制して無理矢理行ったという感じなのが問題なのだ。馬のスピードを活かした逃げではなく、とりあえず勝つために逃げたという感じ。香港を見据えたという意見もあるが、全くそうは思えなかった。結局馬の力で勝ってしまったが、前哨戦としては最悪だったように思える。

よって、今回はチグハグな競馬を強いられることになるだろう。福永が卸せるとは思えない。しかし馬の能力は間違いなくトップクラスなので、紐まで。

 

2.ブランボヌール

3歳牝馬。軽量。ディープ産駒。1200は無敗らしいが、軽量牝馬ディープ産駒の根がスプリンターなんてことは無い。G1では厳しいだろう。同じようなタイプのレッドオーヴァルが一昨年3着まで来たが、あれは新潟開催。ここは中山だ。改修されたとしてもこの馬じゃきつい。切り。

 

3.ティーハーフ

前々走で終わったと確信した馬。動かしても行ってくれない。置いていかれる。最後はなんとか足を使うが、全盛期には及ばない。無理。切り。

 

4.ソルヴェイグ

鞍上交代は魅力だが、私はダイワメジャー産駒は買わないと決めているんです。ダイワメジャー産駒で強い馬はいないとまだ思っている。メジャーエンブレムも、今後はG3でなんとか勝ち負けできる馬になると思うよ。きっと。カレンブラックヒルコース。

基本的にダイワメジャー産駒はG1で役不足なことが多いので、買わないのが無難。来たら事故。でも田辺が怖いから紐まで。

 

5.シュウジ

3歳牡馬。前走前々走であれだけ完璧な競馬しても勝てない。前走の競馬で勝てなかったらいつ勝つのよ。もうお釣りないでしょ。切り。

 

6.ベルカント

人気落ちすぎで狙いたくなる馬。夏走りすぎだし、今年の引退も決定。ガチで勝ちに行くとは考えづらい。切り。

 

7.スノードラゴン

穴で面白いと思う。前走は先行して意外としぶとく粘り5着。今年意外と大崩していない。だけど大野がやらかすことが多い。CBC賞はその典型。デムーロとの差が凄い。でも、無欲で追い込ませたら面白いんじゃないか?切るかもしれんけど紐まで。

 

8.サクラゴスペル

いくら中山得意と言っても無理ですって。去年は謎のプチブレイクしてたし。回ってくるだけだろう。切り。

 

9.サトノルパン

一番書くことに困る馬。京阪杯の競馬は見事だったが、その後はダメダメ。京都専用機なのかもしれない。ただ、いくらなんでも空気すぎる。こういうときの和田は怖いぞ。マイネルファルケとかね。紐で買うのも面白いかも。

 

10.レッドアリオン

川須、NHKマイルでの出遅れは忘れねえぞこの野郎。無理でしょ。切り。

 

11.ダンスディレクター

まず、線が細いと思うのだ。この馬。こういう馬が中山のスプリンターズSで来たの、見たこと無いよ。キレはあるけど、パワーがない。牝馬ならともかく牡馬。一流スプリンターの集まるこのレースでは厳しいのでは?あと、浜中も復帰後全く乗れていない。そこそこ人気してるが、バッサリ切って良いと思う。

 

12.レッツゴードンキ

鞍上交代なら本命にしようと思っていた。それくらい今の岩田は乗れてない。いや、持っていないと言うべきか(ローズSは勝つかと思ったが。。。)。

前走はこの馬で大外ぶん回して3着。アホかと思った。間違いなく去年夏頃の岩田なら勝ってた。このキレのない馬で大外一気とか何考えてんだ?四位か?

というわけで切り…でいいんじゃないかなぁ。

 

13.レッドファルクス

本命候補1。前走は強い差し切り勝ち。1200は全勝と底を見せていない。そして鞍上はデムーロ。この馬との相性は非常に良いように映る。ビッグアーサーを逆転できるのはこの馬だけや!

・・・と思ってたのですが、まずスプリンターズSで、近年追い込んで勝った馬なんていないのだ。デュランダルくらい?スノードラゴンは追い込み勝ち…ってあれは新潟や!参考外!あと、父スウェプトオーヴァーボードというのも気になる。パドトロワがこのレース2着まで来ているが、底力という面では不安が残る。ただ、デムーロというのは非常に魅力。頭まで…あるかもしれない。

 

14.ウリウリ

一昨日までの本命。理由は藤原ー戸崎ライン。でも、逆に言えばそれだけ。

この馬、ご存知ダービー馬マカヒキの全姉である。マカヒキは2400まで走る。スプリント気質があるとは思えない(マイル気質はあるかもしれない)。姉弟で極端に適正距離が違うなんてことはあまりない。ウリウリは去年好走しているが、あれが限界だろう。この馬はスプリンターではない。

でもね、乗りに乗っている戸崎が2着まで持ってくる可能性はある。あと、改修された中山の馬場は、今はバンバンディープ産駒も来るようになってしまった。皐月でもセントライト記念でもそうだったでしょ。中山1200も以前と傾向が違うと考えたほうが良いのかもしれない。まあ紐まで。

 

15.ミッキーアイル

本命候補2。はっきり言って一番強いのはビッグアーサーではなくこの馬。去年のこのレースも、散々折り合いを欠きながら4着。よくあれでここまでやれたなと思った。このレースに適性があることは証明した。

あとは、糞みたいなローテーション、鞍上松山が大問題。松山はドリームバレンチノでスプリントG1路線を沸かせた経験もあるし、不安だが期待するしか無い。でもローテーションはなんとかならんかったのか?勝つ気あるのか?

ともあれ、ディープ産駒は5歳でピークを迎えると思っているので、ミッキーアイルがG1を勝つチャンスはここしか無いのだ。糞みたいなローテーションをはねのけるポテンシャルはある。ディープ産駒初のスプリントG1馬。それがこの馬なら誰も驚かないよね。頭まで。

 

16.ネロ

地味な馬。セントウルS2着とか、データ的には来るパターンなのに。

でもね、ヨハネスブルグ産駒にG1勝つ力はないと思うんだ。何故そう思うかは、私がホウライアキコでズダボロにされた経験があるからなのです。それでも、内田が上手く立ち回れば番狂わせもあり得るのではないかとも思う。でも、紐までかなぁ。

 

 

 

 

ふぅ、疲れた。。。

一夜にいっぺんに書くもんじゃないな。

次からは2日に分けて書こうかな。更新したいがためのサボりとか言われちゃうかな?

 

本命はどっちかです。あとは血統を取るか騎手を取るか…という選択だけです。

 

印は今日の3時ごろ、Twitterにアップします。

なんでフォローお願いしますね。

 

 

 

スポンサーリンク