新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ。そんな中途半端男が人生を好転させるため前向きに生きようと足掻くブログ

スポンサーリンク


【追悼】競馬評論家・清水成駿氏を悼む

皆様お疲れ様です。

中途半端男こと、黒い珊瑚礁です。

 

本日は、競馬評論家・清水成駿氏が亡くなられたということで、記事を書かせていただきたいと思います。

亡くなってから大分期間が空いてしまいましたが、ご容赦下さい。

 

 

私が競馬を始めた時、彼は最強だった

私が競馬を始めたのは2005年の有馬記念から。

つまり、恒常的に見始めるようになったのは2006年、メイショウサムソン・アドマイヤムーン・カワカミプリンセスがクラシックで走っていた年でした。

なので、伝説の予想と言われた98年ダービー・◎ボールドエンペラー(14番人気馬!)の頃は知りません。なお、このレースで清水氏は、スペシャルウィークとボールドエンペラーの馬連を一点で的中させています。

 

私は競馬予想時に東スポを買っていたのですが、その時「馬単三国志」という連載を一面で行っていたのが清水成駿氏でした。

その頃の清水氏は凄まじかったです。 

今春、清水の本命は桜花賞・キストゥヘヴン(1着)、皐月賞・フサイチジャンク(3着)、天皇賞・リンカーン(2着)、NHKマイルC・ロジック(1着)、ヴィクトリア・エアメサイア(2着)、オークス・カワカミプリンセス(1着)、ダービー・ドリームパスポート(3着)。すべて1番人気でないのに複勝圏を外したことがない。

ブリッシュラック1番人気 清水成駿がオッズを動かす?: 競馬ブログ オケラセラより引用

 

競馬を始めたての頃だったので、「こんなに凄い人がいるんだ。。。」などと、尊敬の眼差しで見るようになりました。

そして2006年宝塚記念、清水氏の◎コスモバルクに乗って無事不的中。。。

 

東スポ連載・馬単三国志の文章がカッコよかった

清水成駿氏といえば、文章がカッコよかったんですよね。

三国志や戦国時代などを例えに使っての予想記事は、他の予想家とは全く違う、唯一無二の世界観を醸し出していました。

たとえ当たらなかったとしても、その説得力は凄いものでした。

もし競馬予想記事を書くのであれば、ああいった文章を書きたいものですが、おそらく無理でしょう。競馬予想だけでなく、文才も凄いものがあったと思います。

 

最後のダービーを的中させる

清水成駿氏にとって最後のダービー、つまり今年のダービーは、◎マカヒキで本線的中されたようです。

まるで神様が最後のご褒美を与えたかのようですね。

そんなマカヒキは凱旋門賞に挑戦。清水成駿氏の思いも乗せて、勝ってもらいたいものです。

 

清水成駿氏のご冥福をお祈りします

私のような競馬ファンにとってはカリスマともいえる予想家。

しかし、予想家といっても、競馬を嗜む者はある意味誰しも予想家。

そういった意味では、なんだか戦友を亡くしてしまった気持ちになります。そんなセリフ、おこがましいのは百も承知ですが。。。

 

 

亡くなられたことに対し、非常に残念に思います。

清水成駿氏のご冥福をお祈り致します。

 

f:id:tyutohanpamansion:20160928034327j:plain

スポンサーリンク