新・中途半端男の逆襲

ADHD診断済、超内向型人間、視覚優位者、アラサー独身、ドケチ。そんな中途半端男が人生を好転させるため前向きに生きようと足掻くブログ

スポンサーリンク


働いている人を見下す同級生を大嫌いになった話

今日もお仕事がんばるぞい。

中途半端社畜の黒い珊瑚礁です。

 

昨日は休みでした。

どんな休みだったかというと、新代田二郎(店主さんがメタラー!)にて小ラーメンを食らった後、下北沢マックにてポケモン集めに精を出し、高校生集団で騒がしくなったのでミスドに移動しブログを書き、その後友人の弾き語りライブを見に行き、軽く飲んで帰るという、まさに独身アラサー糞男ライフという感じの休日でした。 

嫌いな奴と遭遇…

他の出演者のライブ中、私が嫌いな人が入ってきました。

ライブをする友人が呼んだようです。

ちなみにそいつも同級生。卒業後は疎遠もいいとこ。

 

「俺がそいつ嫌いなこと知ってんだろ!」とちょっとだけ言いたくなってしまいましたが、彼が誰を誘おうが彼の自由。私に口出しする権利なぞありません。

でもその嫌い人間と一切の口をききたくなかったので、終始無視。

そいつも私に話しかけることはなく、離れた場所に座る。

結局最後まで一切の口をきかないまま、ライブハウスを後にしました。

 

嫌い人間は先に帰ったみたいで、私はライブ後の友人と軽く食事。

その後、BABYMETALの「sis.anger」を聴きながら電車に揺られ、帰宅しました。

「嫌いだーーーー!」と叫びたい気分でした。

 

別にそんなに人を嫌いになる方じゃないんだよ

中途半端男はそこまで人を嫌いになる方ではありません。どっちかと言うと、周りからの評判が著しくない人でも、その人のいい所を見つけて肯定的に捉えられる方だと自負しています(自分嫌いの俺でもそこは長所だと思う)。

でーも、いざ本当に嫌いになってしまうと、完全シャットアウトしなければ気が済まなくなってしまうのです。

 

なぜ嫌いか

・苦悩の影が見えない

→ある国家試験の受験生である彼。でもゲームとネット三昧で受かる気はなさそう。受かった後もノープラン。でも何の危機感もない実家暮らし。収入ゼロ。しかし彼から危機感を感じることは一切ない。

 

・それでいて働いている人全てをバカにする

→基本働いている人を見下すような発言をする。「社畜乙ww」とか「お勤めご苦労さまですwww」とか。メンタルを壊して働けないとかではなく、ガチで働く気がないという稀有なパターン。別に働かないのは勝手だし、それに対して罪悪感を感じる必要もないけど、労働者のおかげで生かされているということを忘れている。

 

以上です(2年前くらいに飲んだ時に感じたこと)。

 

中途半端男が我慢ならないこと

人って、なんかしら苦悩や努力の影ってあると思うんです。どんな人でも。

周りからはダメダメ言われてるような人でも、その人が苦悩していたりするところを思い浮かべると、途端に同情してしまいます。

 

でも、そいつは苦悩や努力の影が一切見えないんです。

 

極端な話、それが見えなくても別にいいんです。そんな苦悩を持てなんて、いっつも苦悩が絶えない中途半端男のただのエゴです。

でも、2つ目の働いている人をバカにする態度というのが絶対的に我慢ならないというか…。

曲解されたくないので何度も言いますが、別に働かないなら働かないでいいんです。人の勝手です。自分もニート期間があるので、「働かざる者食うべからず」といったような、いざなぎ景気を経験した経営者のようなことを言うつもりもありません。

 

しかしですね、日本、いやこの世界は労働者(超広義的な意味での)によって回っているのです。

衣食住、インフラ、軍事、なんでもです。我々人間は何かしらの恩恵を受けられているからこそ暮らしていけるのです。

それをね、ましてやまともに働いたことの無い奴に「働く奴はアホ」みたいな態度を取られるんです。そいつと口をききたくないなと思ってしまうのも無理はないと思いますが。

 

イケダハヤト氏のリーマン批判とは全く違う

労働者批判する奴が嫌いとか言うと、「某痩せ型ブロガーがリーマンよくdisってるじゃん」とか言われそうですが、イケダハヤト氏のサラリーマン批判とは全く違うベクトルですよ。これ。

イケダハヤト氏は、現在のような立ち位置に来るまで、間違いなく苦悩や努力があったと思います。で、現在は自由業をやっている。広義的には労働者です。

それに対し、そいつは苦悩、努力、なーんもないのに労働者批判を行っている。

私にはそれがどうしても許せません。

 

中途半端男の気にしすぎというのもあるだろうね

確かに私が気にしすぎかつ繊細すぎな部分があるのは重々承知しています。

現にライブを行った友人は、そいつに対して何も思っていないのですから、なおさらです。

 

でも、人にはどうしても許せない、嫌いになってしまうということがあるのです。

中途半端男はそれを抑制することができません。ガキですねー。

器が小さいと言われたらそれまでです。

 

嫌いな人に対しては。。。

プライベートで嫌いな人相手に自分を折る必要はないと思っています(仕事だったら嫌いもクソもない)。

加えて、人を根本から変えることは不可能であると思っているので、私はその嫌いな人間と関わらないようにするだけです。

 

絶対に相容れない存在というのはいるものだと思います。

ただ、そこで相手に牙を向き、戦争になることは避けたいものです。互いの肉体・精神が摩耗するだけなので。

 

自分は自分、そいつはそいつ、でなるべく関わらない。

 

今の未熟かつ中途半端な私にできる事はこれくらいものです。

 

 

 

 

スポンサーリンク